個人再生におけるブラックリストを丸裸!載ってる期間は?何ができない?

ブラックリスト

「個人再生のブラックリストに載っている期間を知りたい」
「個人再生ではいつからブラックリストに載るの?」

個人再生は、債務整理の1種であり、ブラックリストに載ってしまうということを認識している人は少なくないでしょう。

それでは、「いつから」「どれくらいの期間」ブラックリストになっているのか、ブラックリストになるとどのような不都合が生じるのか、理解していますでしょうか?

本ページでは、個人再生におけるブラックリストについて詳しく説明していきますので、後悔の無い個人再生に繋げていきましょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生とは?

ブラックリストの説明を始める前に、個人再生について簡単に触れておきましょう。

個人再生とは、裁判所に申し立てを行い認められると、借金を約1/5にまで減額できる方法です。

そして、減額された額を原則3年で分割払いしていくことで、晴れて借金から解放されるというわけです。

500万円の借金であれば、100万円にまで減額できる可能性があり、100万円を3年で分割払い(月々約2万8千円)していくことになります。

減額された400万円分は、免除になりますので、非常に楽になることが分かるでしょう。

また、住宅ローン特則のおかげで、住宅ローンだけは個人再生の対象から外せ、住宅を守れることもメリットの1つでしょう。

しかし、このように大幅な借金減額が期待できる分、デメリットとしてブラックリストに載ってしまいます。

それでは、個人再生におけるブラックリストについて詳しく説明していきましょう。

個人再生の概要について詳しくはこちら

ブラックリストとは?

実際には、「ブラックリスト」というリストは存在しません。

ブラックリストとは俗語で、正確には、個人信用情報機関に金融事故を起こした事実が登録されていることです。

また、金融事故とは、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしていることや、借金の遅延などが当てはまり、お金に関する約束事を守れなかった状態のことを指します。

個人信用情報機関は主に以下の3つが存在し、それぞれ加盟しているカード会社(消費者金融・銀行・クレジットカード会社)は異なりますが、各機関の情報は共有されているため、1つの機関に登録されると、全てのカード会社が確認することができます。

CIC

3つの機関の中で情報量が1番多く、クレジット会社や消費者金融を中心に加盟しています。

JICC

クレジット会社や消費者金融、銀行などの多くの金融機関が加盟いますが、消費者金融の加盟率が1番高いです。銀行でいうとメガバンクと呼ばれるような銀行は加盟しておらず、ネット銀行が中心です。

全国銀行協会(KSC)

名前の通りすべての銀行が加盟しています。

個人再生でブラックリストに載っている期間

個人再生をしたからといって、永遠にブラックリストに載っているわけではありません。

個人再生の場合、ブラックリストに載っている期間は、約5~10年です。

ブこの5~10年経過すると、個人信用情報機関の金融事故情報が削除される=ブラックリストから外れることになります。

いつからブラックリストに載るのか?

どのタイミングでブラックリストに載るのか、という正確な情報は公開されていませんが、個人信用情報機関が金融事故情報(個人再生をした事実)を受け取ったタイミングであると考えられます。

つまり、代理人(弁護士)が送付した受任通知をカード会社が受け取ったときが、ブラックリストに載るタイミングでしょう。

あなたが、弁護士に個人再生を依頼すると、弁護士はカード会社に即座に受任通知を送付しますので、依頼後すぐにブラックリストに載ると考えておいて良いでしょう。

いつまでブラックリストに載るのか?

ブラックリストに載る期間が、約5~10年と幅があるのも、厳密に、”何年間”という正確な期間が公表されていないからなのですが、個人信用情報機関の1つであるKSCは、官報情報を10年間登録しています。

官報とは、国が発行する新聞用のようなもので、裁判所の出来事が掲載されます。

個人再生の場合、認可決定したタイミングで官報に載ることになるため、認可決定から10年間はブラックリストに載っていると考えておいて良いでしょう。

任意整理 個人再生 自己破産
JICC 5年間の記録 5年間の記録 5年間の記録
CIC 記録されない 記録されない 5年間の記録
KSC 記録されない 10年間の記録 10年間の記録

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

ブラックリストになるとどうなる?

個人再生により個人信用情報機関に金融事故の情報が登録されると(ブラックリスト)どのような影響があるのか確認していきましょう。

金融機関からの借り入れができない

銀行を始め、サラ金と呼ばれるような消費者金融からの借りいれができなくなります。緊急にお金が必要になったとしても、借り入れができないため、余裕を持った生活に切り替える必要があるでしょう。

クレジットカードの作成・使用ができない

既に所有しているクレジットカードは使えなくなり、更には新規でクレジットカードを作成することもできなくなります。つまり、現金生活を余儀なくされてしまいます。

クレジットカードが使用できないと不便になってしまいますが、そんな際はデビットカードで代用するようにしましょう。

住宅や自動車などのローンが組めない

ローンを組むためには、返済していけることを証明する必要がありますが、債務整理をしていることが分かると、返済能力が無いと判断されるため、審査に通らなくなってしまいます。

借金の保証人になれない

借金の保証人は、実際に借り入れをした人が返済できなくなった際に、代わりに返済をしなければいけません。しかし、債務整理をしていると、返済能力が無いと判断されるため、保証人として認められません。

賃貸契約における保証会社が利用できない

不動産会社は、個人信用情報機関に登録されている内容を確認することはできませんが、保証会社は加盟会社なので確認することができます。保証会社への加入が必須の賃貸であれば、保証会社の審査に通らなくなるため、保証会社が不要な賃貸物件を探しましょう。

携帯・スマホ端末代金の分割払いができない

近年、携帯・スマホの端末代は高騰しており、月々の使用料金に上乗せする形で、端末代を分割で支払っているケースが多いです。この端末代の分割払いは、ローン購入と同等の扱いであるため、分割払いができなくなってしまいます。つまり、端末を新たに購入する際は、一括購入となります。

既に滞納をしているとブラックリストに載っているかも?

個人再生をすると、ブラックリストに載ってしまいます。

しかし、個人再生をしていなくても、既にブラックリストに載っている可能性があります。

現在、滞納をしている状況であれば、ブラックリストに載ってしまっているかもしれません。

おおよそですが、2ヵ月程の滞納をしている場合、ブラックリストに載ってしまっている可能性が高いです。

自分がブラックリストに載っているかどうかは、個人信用情報機関に問い合わせることで確認できますので、一度調べてみるのも良いでしょう。

個人再生に踏み切れない要因が、ブラックリストに載るというデメリットで、既にブラックリストに載っていた場合は、マイナスになることはありませんので、いち早く借金から脱出できるように動いた方が良いでしょう。

ブラックリストにおける誤った解釈

デビットカードも使えなくなる?

デビットカードは、銀行からその場で引き落としになるので、現金利用と同じなので、使用できます。

今の賃貸から追い出される?

今まで通り家賃を支払えば追い出されることはありません。しかし、家賃をクレジットカード払いにしている人は口座振替か振込に変更する必要があります。

携帯電話が使用できなくなる?

携帯料金が未払いにさえなっていなければ使用できます。
また、家賃同様にクレジットカード払いにしている人は口座振替か振込に変更する必要があります。

住民票や戸籍に載る?

ブラックリストとは、個人信用情報機関に金融事故情報が登録されることなので、住民票や戸籍とは無関係です。

家族や会社にバレる?

ブラックリストを確認できるのは、本人もしくは、加盟会社だけになりますので、ブラックリストであることを家族や職場に知られることは無いでしょう。しかし、職場が金融会社であれば、加盟会社である可能性があるため、調べられるとバレるかもしれません。

注意したい「社内ブラック」

個人再生をしてから10年経過し、個人信用情報機関におけるブラックリストから消えたとしても、個人再生の対象としたカード会社から再度利用することは難しいです。

なぜなら、ここまで説明してきたブラックリスト以外に、社内ブラックと言われる、カード会社独自のものが存在するからです。

カード会社は、これまでのユーザーとの取引履歴を全て保管していますので、個人再生をした情報は永遠に各カード会社の中に残っています。

つまり、個人再生の対象としたカード会社で、再度借り入れをしようとすると、カード会社は、「過去に不義理をした人」という判断をし、審査に通さないというわけです。

また、同系列のカード会社間でもその情報は共有されています。

例えばプロミスで社内ブラックを記録されると同系列の三井住友銀行でも借りられなくなってしまうというわけです。

よって、ブラックリストから外れた場合は、これまでに使用したことのないカード会社を利用するようにしましょう。

個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!
個人再生しても車を残しておくための6つの方法

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

  • 個人再生におけるブラックリスト期間は5~10年
  • ブラックリストへの載り始めは弁護士に依頼したタイミング
  • ブラックリストから削除されるタイミングは個人再生の認可決定から10年後
  • ブラックリストに載ると「後払い」に関することができなくなる

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら