個人再生をしても携帯電話・スマホは使い続けられるのか?

携帯電話を使っている女性

現代社会の中で生活する上で、携帯電話やスマホは必須アイテムといえます。

ちょっとした連絡をするにしても、携帯電話やスマホは必要です。

もちろん、プライベートでも仕事でも同様。

そんな携帯電話やスマホですが、使用するには当然毎月の料金を支払わなければなりません。

多重債務など、多額の借金を背負っている場合、その支払いが困難となるケースも少なくありません。

借金問題解決のために債務整理を行った場合、それまで使用していた携帯電話やスマホはそのまま使い続けることができるのか、という点が疑問として残り、個人再生に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は個人再生と携帯電話やスマホの契約について詳しく解説していきます。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生は携帯電話・スマホの使用に影響しない

結論から最初に述べてしまうと、個人再生を行うことが、携帯電話やスマホの使用に影響することはありません。

個人再生をしたからといって、現在使用している携帯電話やスマホが解約されてしまうことはないというわけです。

ただし例外があります。

それは、携帯電話やスマホの料金を滞納している場合。

毎月の利用料金の支払いが出来ずに滞納している場合、これも債務となります。

個人再生の場合、任意整理と違い、住宅ローン以外の債務は自由に対象外にすることはできないことから、携帯電話やスマホの利用料金滞納分も同時に整理されてしまうため、契約を解除されてしまうことになります。

また、もう1点注意しなければならないのが、携帯電話やスマホなどの本体代金を分割払いにしているケースです。

機種代金の返済残高は、債務とみなされ整理対象となるため、契約解除されてしまうことになります。

大手キャリアの場合、新規契約時に本体を2年程度の割賦契約で購入することが普通となっていることも多いため、携帯電話やスマホの契約を維持したまま個人再生を行いたい場合、本体代の支払いが終わっているのかを確認しておきましょう。

可能であれば、個人再生の手続きに入る前に機種代の返済を終えてしまうのもひとつの手段です。

仕事などの関係で、どうしても携帯電話やスマホを使い続ける必要がある場合、整理対象からの除外を認められることもありますが、確実にスマホの契約を維持したいのであれば、事前に一括返済をし、債務とならないようにしておくことが必要です。

新規契約はできるが機種代の分割払いはできない

続いては、個人再生を行った後の新規契約について解説していきましょう。

基本的には、個人再生を行っても、携帯電話やスマホなどのキャリアの新規契約は可能です。

しかし、注意しなければならないのが、機種代金の分割払いはできないという点。

先ほども触れた通り、近年では新規契約時に機種代金を2年程度の分割払いで支払うことが条件になっていたり、割引などが適用されるケースも多いです。

しかし、個人再生を行うと、5~10年の間はブラックリストに登録(個人信用情報機関に金融事故として登録)された状態になります。

そのため、新規の借入やローンなどを組むことはできません。

当然、携帯電話やスマホの機種代金の分割払いも例外ではなく、分割払いで購入することはできないのです。

携帯電話やスマホの機種代分割払いが契約の条件となっている場合、そもそも契約することができないため、注意が必要というわけです。

しかし、最近では携帯電話やスマホの機種代分割払いが絶対的な条件となっているケースは少なくなっていることから、機種代の一括支払いを行えば、問題無く契約できるでしょう。

ただし、個人再生をしたこによって、利用料金の未払いなどが原因で整理対象となってしまい、契約解除となった場合、同じキャリアでは新規契約することができないことがあります。

近年では、一見まったく別会社のように思えても、大手キャリアの傘下となっている中小のキャリアも多く、この場合は契約できないこともあります。

例えば、ソフトバンクで契約してたいたスマホの利用料金を滞納していて、個人再生によって滞納分が強制的に整理対象とされ、契約解除になった場合、子会社であるワイモバイルは、利用できない可能性がでてくるというわけです。

個人再生とブラックリストの関係

利用料金のクレジットカード払いは選択できない

個人再生後のスマホの使用で、もうひとつ注意しなければならないのが、クレジットカード払いはできなくなってしまうという点。

個人再生によってブラックリストに登録されると、新規でクレジットカードの契約ができないだけでなく、手持ちのカードも使用できなくなります。

しばらくはそのまま使用できたとしても、まず契約更新はできないことから、継続してスマホ代金の支払いなどに使用することはできないのです。

そのため、支払い方法にクレジットカードを選択している場合、口座引き落としやコンビニ支払いに変更しておく必要があります。

せっかく個人再生後も携帯電話やスマホの契約を維持することができても、クレジットカードで決済することができずに、支払いが滞れば解約されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

近年の格安SIMなどの中には、クレジットカードでしか契約できないケースもあることから、キャリア選びの際には支払い方法の選択肢を必ず確認しておくべきでしょう。

個人再生するとクレジットカードは使用できなくなる?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

機種変はできるが一括払いになる

個人再生を行っても、契約が続いている場合、機種変更をすることも可能です。

しかし、上記の通り、機種代金の分割払いはできなくなるため、一括払いとなることを頭に入れておこう。

近年のスマホには非常に高価なものも多くなっており、最新機種の場合、一括購入になると10万円を超えるものも珍しくありません。

しかし、逆にスマホの普及が進んだこともあって、中古市場も活性化しており、ブランドやスペックは限られてしまうものの、格安で購入できるものも多くなっていますので、ご自身の懐事情と相談し適切な選択をするようにしましょう。

個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!

携帯ブラックの場合は要注意

ブラックリストというと、金融に関するもののみ、というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

しかし、その業界の間のみで共有されているブラックリストも存在します。

携帯ブラックというものがそのひとつ。

料金の滞納などで強制解約になった場合、それぞれのキャリアが加盟している「電気通信事業協会」で契約解除後においても料金不払いのある人の情報が交換されています。

この状態を携帯ブラックとよばれています。

この携帯ブラックになってしまうと、契約解除後5年間は新規で契約することができないようになっています。

また、契約することはできても、保証金を事前に支払わなければならないケースもでてきます。

この場合、一般的な方法での携帯電話やスマホ契約をすることは困難でしょう。

しかし、絶対に携帯電話やスマホの使用ができないわけではありません。

たとえば、プリペイド式のSIMなどであれば審査無く利用することができることから、携帯ブラックであっても使用することが可能です。

名義貸しなどによって携帯電話やスマホを使用することができますが、基本的に規約違反となりますし、さまざまなトラブルの原因となってしまうことから、基本的には避けるべきでしょう。

いずれにしても、携帯ブラックの場合、正規の方法で大手キャリアなどと契約するのが難しくなってしまうため、利用料金の滞納は避けましょう。

個人再生の概要について詳しくはこちら

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

個人再生を行ったからといって、携帯電話やスマホの契約が解約されることはありません。

しかし、利用料金の延滞をしていたり、機種代が分割払い中である場合は、それらは債務、つまり借金とみなされ、個人再生の対象となり解約となってしまうため、事前に対処する必要があるでしょう。

また、個人再生を行った後も、携帯電話やスマホの新規契約をすることは可能ですが、機種代の分割払いは利用することができません。

また、料金の滞納によって強制解約となっている場合、携帯ブラックとなり、新規契約そのものが難しくなります。

携帯電話やスマホは、現代社会においては必需品なので、個人再生後も利用できるよう、事前に弁護士に相談しておきましょう。

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら