個人再生でクレジットカードを残すことはできる ?

クレジットカード

「クレジットカードを残しながら個人再生はできるの?」
「個人再生をしても1枚だけ手元にクレジットカードを残しておきたい・・・」

個人再生は、住宅ローン特則を利用することで、マイホームを残しつつ借金の減額ができる非常に魅力的な方法です。

一方で、クレジットカードに慣れている生活から、全くクレジットカードが使えなくなると考えると不安になってしまうかもしれません。

そこで、個人再生をすると、絶対にクレジットカードを残すことはできないのか、と考えるのではないでしょうか。

それでは、個人再生におけるクレジットカードへの影響について詳しく説明していきましょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

目次

個人再生しても一部のクレジットカードは残せる?

個人再生とは、裁判所を通じた債務整理の1つで、借金の利息免除と元本の減額が可能です。

債権者平等の原則」というルールに基づき、すべての借金が対象となるため、複数のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から借金をしている人が個人再生を行なうと、すべて利息免除・元本圧縮の対象となり、一部のクレジットカードだけを残すことはできません。

つまり、クレジットカードAとクレジットカードB両方に借金(残高)がある場合は、どちらも個人再生の対象になるということで、クレジットカードAだけを個人再生してクレジットカードBは個人再生しない、ということができないというわけです。

そして、個人再生をすると、個人信用情報に傷がつく、いわゆる「ブラックリスト入り」状態となり、すべてのクレジットカードがキャッシングでも、ショッピングでも使用できなくなることから、どのクレジットカードも残せないと考えておきましょう。

債権者平等の原則とは?

債権者平等の原則とは、債務整理において、すべてのカード会社を平等に扱わなければならないというルールです。

たとえば、2つのクレジットカードのうち、片方だけが個人再生によって減額されたとしましょう。

そうすると、減額されたクレジットカードは、「なぜ、うちだけ減額されなきゃいけないんだ!!」といったように不平等が生じてしまうわけです。

このような事態を招かないためにも、債権者平等の原則というものが存在するのです。

裁判所に個人再生を申し立てる際に、対象に含めたくない借金を申請せずに隠したり、個人再生の前後に一部の借金だけを偏って返済(偏頗弁済)したりすると、債権者平等の原則に反するため、個人再生の認可が降りなくなったり、計画弁済額が高額になったりしてしまいます。

このように、個人再生をする際に「このクレジットカードの借金は個人再生の対象から外したい」と思っても、債権者平等の原則があるため、一部のクレジットカードを残すということはできないわけです。

使用していないクレジットカードは残せる?

債権者平等の原則によって、全てのクレジットカードが個人再生の対象になるため、クレジットカードが残せないことは理解してもらえたかと思いますが、ここで1つ疑問が生まれるのではないでしょうか。

そもそも使用していない(残高がない)クレジットカードであれば、個人再生の減額対象になり得ないので、債権者平等の原則に関与せず、残せるのではないかということです。

しかし、現在使用していないクレジットカードであっても、個人再生をすることによって近い将来に使用ができなくなってしまいます。

なぜなら、クレジットカードは発行されるときの審査だけでなく、「途上与信(とじょうよしん)」といって、更新のタイミングなどの一定期間で、「このままクレジットカードを使用させ続けていても良いのか」という審査が行われているからです。

個人再生をすると、ブラックリスト入りするため、途上与信の段階でカード会社に個人再生をしたことが知られてしまい、カードの契約を打ち切られてしまうというわけです。

自動車ローンがある場合は車は没収される可能性大

個人再生は、裁判所を通じた債務整理なので、すべての借金が対象となります。

車のローンをクレジットカードで支払っている方も少なくありません。

そのため、自動車ローンが残っている人が個人再生をすると、自動車ローンも個人再生の対象となり、ローンの利息免除・元本の圧縮が叶う代わりに、自動車をローン契約している会社に引き上げられてしまいます。

自動車ローン返済中だとなぜ自動車を没収される?

自動車ローンを契約すると、自動車を購入するための代金を立て替えてもらい、その代金を分割で返済することになります。

自動車ローンで自動車を購入した場合、その自動車の所有権は自動車ローンの返済が終わるまでの間、自動車ローンの契約者ではなく、代金を立て替えた信販会社が持つことが一般的です。

自動車ローンを完済してはじめて、その自動車の所有権をもつことができるのです。

このように、自動車ローンを貸し出した信販会社がその自動車の所有者となり、代金の返済が終わるまで自動車ローンの契約者に自動車を貸し出すような形を取ることを「所有権留保」といいます。

車を所有する権利は完済するまで保留ですよ~、という意味です。

自動車ローンの返済が終わっていない状態で個人再生を行なうと、その自動車の所有権はローン契約会社が持ったままです。

そのため、その自動車をどう処分するかもローン契約会社が決められます。

多くの場合は、個人再生のタイミングで自動車を引き上げられ、その自動車を売却された価格が、あなたが返済できなかった自動車ローンの残高に充てることとなります。

それでも残った額は、個人再生によって減額されるという流れです。

個人再生しても車を残しておくための6つの方法

住宅ローンには影響なし

一方、個人再生では住宅ローン特則という制度を利用することによって、住宅ローンだけを特別に個人再生の対象から除外することができます。

そのため、住宅ローンが残っている人が個人再生をしても、担保となっているマイホームを手元に残したまま借金の負担を軽減できます。

住宅だけは、生活するために必要不可欠であるということで、特別扱いしてくれるわけです。

もちろん、住宅ローン特則を利用する場合、個人再生で減額された借金とは別に、今まで通りに住宅ローンを支払っていく必要があります。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

カードローンで支払いが残っているものは没収される?

クレジットカードの契約内容によって多少の違いはありますが、基本的にはクレジットカードで購入した商品の支払いが終わっていない状態で個人再生をしても、商品を没収されることはありません。

たとえば、クレジットカードのショッピング枠でパソコンを買ったあと、その支払が済んでいない段階で個人再生を行なうと、パソコンの代金も減額の対象になります。

しかし、個人再生をしたからといって、パソコンが没収されることはありませんので、ご安心ください。

ただし、自動車ローンと同じように、商品が担保になっている場合には、個人再生をすることで没収されてしまいますので、ご注意ください。

クレジットカードの現金化はNG

クレジットカードのショッピング枠で購入した金券や商品券などを買取業者に売ったり、業者からクレジットカードのショッピング枠で買った品の購入特典として現金をキャッシュバックしてもらったりして現金を受け取ることを「クレジットカードの現金化」といいます。

クレジットカードの現金化は、カード契約時の規約違反になってしまいます。

そのため、場合によっては個人再生の認可に悪影響を与えることもありますので、たとえお金に困って余裕がない状態に陥ったとしても、絶対にしないようにしましょう。

個人再生の手続き後直ぐにクレジットカードは作成できる?

個人再生後すぐに新しいクレジットカードを作成することは難しいといえます。

前述の通り、個人再生を行なうと個人信用情報に傷がつく、いわゆる「ブラックリスト入り」状態になってしまいます。

ブラックリスト入りしている間は、クレジットカード新規作成の審査に通ることができず、新しくクレジットカードを作れない可能性が高いです。

消費者金融系のクレジットカードなら作成できる可能性あり

ただし、カード会社やその人の収入の状況によっては、「ブラックリスト入りしていたけど、クレジットカードを作れた」という例もあります。

アコム・プロミスなど、消費者金融系の会社が発行しているクレジットカードには、ブラックリスト入りしている人でも審査に通る可能性があるものもあります。

たとえば、アコムとマスターカードが提携して発行している「ACマスターカード」というクレジットカードでは、個人再生後ブラックリスト入りしている期間であっても、審査に通り、クレジットカードを新たに作れた例もあるそうです。

一説には、個人再生後に劇的に収入が伸びた場合、「返済能力がある」と判断され、ブラックリスト入りしていても審査に通ることがあるといいます。

ただし、審査の基準は会社によって大きく異なりますので、過度な期待はしないようにしましょう。

クレジットカードが使えないときの代替策

個人再生後は、ブラックリストから外れるまでクレジットカードの使用・作成が困難になります。

「クレジットカードは使用できないけど、現金払いで生活するのは不便だ」という場合、以下のようなカードを利用してみるのはいかがでしょうか。

<クレジットカードの代替となるカード>

  • デビットカード
  • ETCパーソナルカード
  • バンドルカード
  • 家族カード

その場で銀行から引き落とされるデビットカード

デビットカードとは、決済したタイミングで銀行口座から引き落としが行われるカードのことです。

主に銀行で発行することができ、ブラックリスト入りしていても作成可能です。

支払い方法はクレジットカードとよく似ていますが、リボ払い・分割払いなどの支払回数の選択はなく、1回払いのみです。

※デビットカードについて
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/find-a-card/debit-cards.html

高速道路料金を支払うETCパーソナルカード

ETCとは、高速道路の料金所ゲートを通過するだけで通行区間などを判別し、カード決済してくれるシステムのことです。

ETCの引き落としは、クレジットカードになることが多いですが、高速道路会社では、クレジットカードが作れない人のためにETCパーソナルカードを用意しています。

ETCパーソナルカードを使用すると、クレジットカードとは別に、高速道路の利用料金が銀行口座から引き落とされるようになります。

ただし、ETCパーソナルカードは、年会費とデポジット(保証金)の支払いが必要となるため、作成費・維持費に注意しましょう。

プリペイドタイプのバンドルカード

バンドルカードとは、プリペイド機能がついたスマホ決済アプリです。

クレジットカードのようにVISA加盟店で使用でき、スマートフォンの画面に表示する「バーチャルカード」のほか、クレジットカードとよく似た見た目をもつ「リアルカード」を発行できるため、クレジットカードを使用しているかのような使用感です。

バンドルカードは、プリペイド式なので、チャージした分しか使用できません。

※バンドルカードについて
https://vandle.jp/

家族名義のクレジットカードから家族カードを発行してもらう

家族カードとは、クレジットカードの名義人の家族ように作成できるカードのことをいいます。

家族カードはクレジットカードの1種ですが、引き落とし先は名義人の口座となるため、ブラックリスト入りしている人でも持つことができます。

家族が家族カードの発行を認めてくれるのであれば、利用してもよいでしょう。

個人再生後のクレジットカード発行について

個人再生によるブラックリスト入りは生涯続くわけではなく、5〜10年程度です。

その後はブラックリストから外れるため、再びクレジットカードの作成や使用が可能になります。

ブラックリストから外れてクレジットカードを作成する際の注意点

個人再生後にクレジットカードの新規作成を行なうときは、以下のことに注意しましょう。

本当にブラックリストから外れているか確認する

個人再生から5〜10年が経ちブラックリストから外れても、個人信用情報機関から「ブラックリストから外れました」と告知が来るわけではありません。

そのため、個人再生後にクレジットカードを作成するときは、まず個人信用情報機関に本当に自分はブラックリストから外れたのかを確認しましょう。

個人信用情報機関は3つあり、それぞれに郵送・メールなどで情報開示を求めることができます。

<個人信用情報機関>

  • 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行協会(JBA)

※CIC
https://www.cic.co.jp/
※JICC
https://www.jicc.co.jp/
※JBA
https://www.zenginkyo.or.jp/

個人再生後の対象になったカード会社はやめておく

ブラックリストから外れたとはいえ、個人再生の対象となったカード会社でクレジットカードの新規作成を行なうと、審査に通らない可能性があります。

カード会社では、「社内ブラック」といって、個人信用情報機関とは別に、過去債務整理をした人をリストアップしているといいます。

そのため、ブラックリストから外れても、一度債務整理の対象にしたカード会社は社内ブラックによってクレジットカードの新規作成ができない可能性があります。

個人信用情報内に信頼される実績を作る

ブラックリストから外れたら、クレジットカードの新規作成を行なう前に、まずしたいのが個人情報期間における実績を作ることです。

ブラックリスト入りしている期間は、クレジットカードの使用・作成、ローンの新規契約などができないので、個人信用情報に取引の記録が残ることはありません。

そのため、ブラックリストから外れた直後の個人信用情報は、過去の取引履歴がまったくない白紙の状態になっています。

このような状態を「スーパーホワイト」といいます。

個人信用情報がスーパーホワイト状態のまま、クレジットカードの新規作成を行なうと、審査の段階でカード会社側が過去の取引履歴がまったくないことに不信感を抱き、「もしかして債務整理の経験があるのでは?」と疑われてしまうので、クレジットカードの新規作成の審査に通らない可能性が出てきます。

そのため、ブラックリストから外れたら、クレジットカードの新規作成をする前に、何らかの手段で個人信用情報に取引の記録を掲載しましょう。

たとえば、携帯電話の機種変更時に、本体料金を分割支払いにすると、これはローン契約と同じなので、個人信用情報に取引の記録が残ります。

携帯電話の本体料金分割支払いは、ブラックリストに入ってさえいなければ、審査に落ちることはほとんどありません。

クレジットカードの新規作成に臨むまえに、まずはこのような手段でスーパーホワイトを脱しましょう。

個人再生のデメリットとは?押さえておくべき8つのデメリット

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

任意整理であればクレジットカードを残せる?

任意整理とは、弁護士とカード会社の直接交渉で行う債務整理で、借金の利息免除と支払期間の延長が可能です。

裁判所を介さないので、自分で選んだ借金だけを債務整理できるのが特徴です。

ただし、任意整理の場合でも個人再生と同じように手続きをすればブラックリスト入りしてしまいます。

そのため、任意整理の対象に含めなかったクレジットカードも、更新(途上与信)の段階で使用できなくなってしまいますので、注意しましょう。

任意整理で車・バイクローンを対象外にすることで残せる

前述の通り、任意整理では、対象とする借金を自分で選ぶことができます。

そのため、自動車ローンやバイクローンの残っている人が任意整理をする場合、それらのローンを除外して任意整理を行えば、担保となっている自動車やバイクを引き上げられずに、借金の負担を軽減することができます。

ただし、もちろん任意整理をしなければ、引続き自動車ローン・バイクローンの支払いは続きますので、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

保証人付きのクレジットカードを対象外にできる

クレジットカードには基本的には保証人を立てる必要はありません。

ただし、高額な商品を購入する際に、一時的に保証人を立てる必要があるケースもあります。

保証人つきの借金を債務整理してしまうと、その借金は減額されず、そのまま保証人に請求が行ってしまうため、保証人に大きな迷惑がかかります。

個人再生の場合、すべての借金が対象となるため、保証人つきの借金も対象となり、保証人にその請求が行ってしまいます。

一方、任意整理の場合、自分で対象となる借金を選べるので、保証人付きの借金を対象から外せば、保証人に迷惑をかけずに任意整理を行えます。

個人再生と任意整理どちらが賢い選択?違いは何?

個人再生の前にクレジットカードで気を付けるポイント

個人再生をすると、ほぼ間違いなく全てのクレジットカードが使用できなくなるため、クレジットカードを残すことができないことはご理解いただけたのではないでしょうか。

そこで、個人再生の前に注意しておくべきポイントがあります。

それは、公共料金・携帯電話料金などをクレジットカード払いにしている場合は、事前に支払い方法の変更をしておくことです。

クレジットカードが使えなくなるわけですから、公共料金や携帯電話料金をクレジット払いにしたままにしておくと、未払いの状況に陥ってしまいます。

なので、公共料金や携帯電話料金などのクレジット払いになっているものは、口座引き落としやコンビニ払いなどに変更しておく必要があるでしょう。

個人再生の概要について詳しくはこちら
滞納中の公共料金は個人再生の対象になるのか?
個人再生をしても携帯電話・スマホは使い続けられるのか?

まとめ

  • 個人再生後はクレジットカードの使用・作成ができない
    ・個人再生によってブラックリスト入りしてしまうから
    ・すでに作成していたクレジットカードも残せない
  • 個人再生をすると自動車やマイホームはどうなる?
    ・個人再生はすべての借金が対象
    ・自動車ローン返済中なら自動車は没収されてしまう
    ・住宅ローン返済中でも「住宅ローン特則」を利用すればマイホームを残せる
  • 個人再生後は5〜10年クレジットカードの作成ができない
    ・ブラックリスト入りしてしまうので審査に通らなくなる
    ・消費者金融系のクレジットカードではブラックリスト入りしていても審査に通って作れた例がある
  • クレジットカードの代替案
    ・デビットカード
    ・ETCパーソナルカード
    ・バンドルカード
    ・家族カード
  • ブラックリストから外れたらクレジットカードの作成は可能
    ・まずは本当にブラックリストから外れているかをチェック
    ・個人再生の対象になったカード会社では作成を控える
    ・クレジットカードを申し込む前に個人信用情報の実績を増やしておく
  • 任意整理でもクレジットカードを残すことはできない
    ・任意整理でもブラックリスト入りしてしまう
    ・ただし、任意整理は対象とする借金を選べる
    ・自動車ローンを対象から外せば自動車は没収されない
    ・保証人付きの借金を対象から外せば保証人に迷惑がかからない

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら