家族に秘密で個人再生できる?バレずにできる場合も・・・

秘密

「家族に秘密で個人再生できる?」
「バレる可能性があるタイミングは?」

借金があることは誰にも知られたくないもの。

ましてやその借金が返済できなくなって個人再生するなんてことは、恥ずかしいから絶対にバレたくないと思うのは当然のことです。

個人再生は裁判所を介して行う手続きのため、家族に秘密にはできないと諦めている人も多いでしょう。

バレるとまずいのは家族(妻、夫、子供、親)や友人、職場の人たちであることがほとんどだと思いますが、ここでは一番身近である家族に個人再生がバレる可能性があるタイミングと回避方法について説明していきます。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

裁判所に必要書類を提出するタイミング

個人再生をするにあたり、給与明細書や家計収支表が必要になってきます。

なぜなら、裁判所はあなた(債務者)が個人再生をするのに相応しいかどうかを借金額の大きさと収支のバランスによって判断をするため、細かく家計を知る必要あるからです。

もし家族の中であなた以外も働いているのであれば、その給与明細書も必要になるので、それを催促したタイミングでバレる可能性がでてきます。

しかし、あなたが、家計を全て管理していて、かつ収入があなただけであれば、家族に秘密で個人再生を進めていくことは可能になってくるでしょう。

直近2ヶ月分の家族全員の給与明細書と家計収支表を裁判所に提出する必要がありますが、これらを家族に疑われずに用意ができれば家族に秘密で個人再生ができる可能性があるでしょう。

また、裁判所によっては、家族の給与明細ではなく、給与が振り込まれていることが確認できる通帳のコピーでも良いケースもあります。

給与明細を借りることに比べれば、通帳のコピーを用意する方が容易な場合は、弁護士に確認をとってみましょう。

個人再生提出必須な給与明細・家計収支表
個人再生に必要なものと準備書類まとめ

裁判所からの郵送物を受け取るタイミング

個人再生の手続きを進めていると、裁判所から書類が郵送されてきます。

この郵送物を自分以外の誰かが受け取るとバレる可能性がでてきます。

ただし、個人再生の手続きを自分で行っていた場合は避けようが無いですが、基本的に司法書士や弁護士に依頼をします。

そうすると、事務所が代理人となってくれるため、裁判所からの郵送物を全て依頼事務所への送付とすることができるのです。

個人再生の開始申立書に「送達場所」を指定する欄があり、そこを依頼事務所と指定すればOK。

郵便物から家族にバレるリスクは、限りなくゼロとなるでしょう。

家族の誰かが保証人で債権者から保証人に連絡がきたタイミング

個人再生をすると、依頼した事務所から債権者(お金を借りている銀行・消費者金融・クレジットカード会社)に受任通知が送られることとなります。

受任通知とは、「私が債務者に代わって手続きを進めますよ」というもの。

債権者は受任通知を受け取ると、債務者に対して連絡がとれなくなります。

連絡がとれないというよりも、取ってはいけないのです。

要するに督促ができなくなるということ。

では、債権者はどうするかというと、保証人から回収するように動きます。

一般的には、保証人に対して一括請求をすることが普通です。(保証人が債権者と話し合って、分割払いで合意するケースもあります。)

もし、妻が保証人になっている場合は、妻に一括請求がされるので、そのタイミングでバレることとなるでしょう。

個人再生は認可されても、それは債権者と申立人の間で成立したに過ぎなく、保証人は一切関係が無いので、保証人には支払い義務があります。

保証人も個人再生して認可されれば、保証債務から逃れることはできるでしょうが、バレるバレないの観点からすれば間違いなくバレるでしょう。

個人再生と保証人の関係性
個人再生は会社にバレる?秘密でする方法は?
個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!

家族が保証人の借金はあるが家族に秘密で借金整理をしたい場合

個人再生では、債権者平等の原則に従う必要があるため、住宅ローンを除く全ての借金が個人再生の減額対象となってしまいます。

つまり、家族が保証人の借金だけを個人再生の減額対象から外すということは出来ません。

上記でもお伝えした通り、保証人付きの借金を個人再生すると、保証人に請求がいくため、家族が保証人であれば家族に秘密で手続きを完了させることは難しいでしょう。

そこで、任意整理という方法を検討してみましょう。

任意整理は、整理対象を自由に選択できるというメリットを持っていますので、保証人付き借金を整理対象から外すことができるわけです。

保証人付き借金以外を任意整理することで、家族に秘密で借金解決が望めることとなります。

ただし、任意整理は、個人再生よりも減額効果は小さくなっていますので、『家族への秘密』と『減額効果』を両てんびんにかけて、最適な方法を選択するようにしていきましょう。

個人再生後はブラックリストでバレる可能性あり

個人再生を行うと、必ずブラックリストに載ってしまいます。

個人再生だけでなく、他の債務整理(任意整理・自己破産)も同様ですが、ブラックリストに載ってしまうことは避けられません。

個人再生の場合、約5~10年程度がブラックリスト状態なのですが、この期間中は、クレジットカードの使用・新規の借り入れ・保証人になること、などが出来なくなってしまいます。

個人再生の手続きを家族に秘密で完了させられたとしても、ブラックリスト状態が原因で家族にバレてしまう可能性は十分に考えられるでしょう。

「住宅ローンを組む」「自動車ローンを組む」「子供の奨学金の保証人になる」といったことが、ブラックリスト期間中はできなくなりますので、秘密にし続けておくことは難しいかもしれません。

もちろん、これらのことが今後の予定に無ければ、家族に秘密にしておくことは可能でしょう。

個人再生によって子供の奨学金や就職に影響はでるのか?
個人再生しても車を残しておくための6つの方法

個人再生のスケジュールはどのように進むのか?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

個人再生を進めていく中で、家族にバレる可能性は大きく分けて3つあります。

そのなかでも、絶対に秘密にできないのは「家族の誰かが借金の保証人」の場合。

裁判所からの郵送物に関しては、依頼事務所に任せれば問題無いですし、裁判所への提出書類は、家計状況によって異なります。

個人再生は、家族に秘密で進められる可能性はありますが、難しいと考えておきましょう。

どうしても家族に秘密にしつつ借金解決を進めたい場合は、任意整理を一度検討してみましょう。

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら