個人再生は結婚に影響するのか?結婚前後の視点から解説

結婚

『個人再生は結婚に悪影響を及ぼす?』
『個人再生をしたことを配偶者には黙っておきたい』

これから結婚を控えているという方や、新婚の方の場合、あらゆることが今後の生活の障害となるのではないか…と不安を感じるものでしょう。

婚約者やその両親に借金をしていたことを知られたくなかったり、子供ができると悪影響はでないのか、など様々な心配は尽きません。

特に、個人再生などの債務整理は、ネガティブなイメージを持たれることが多いこともあり、悩みとなってしまうケースも少なくないです。

基本的に、個人再生が結婚生活に大きく影響することはないといえるでしょう。

よく、債務整理を行うと人生が終わってしまうなどと考えている方もいるようですが、債務整理はあくまで借金問題を解決し、生活を立て直すための手段のひとつです。

そこで、今回は個人再生と結婚の関係について詳しく解説していきましょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生をすると結婚に影響を及ぼすことはある?

結論からいってしまうと、個人再生をしたからといって、結婚する上で大きな障害となることはないと考えていいでしょう。

まず、個人再生を行うことによって結婚の手続きが法的に制限されるといったことはありません。

もちろん、戸籍や住民票などにその事実が記載されることもないため、結婚前に個人再生をしていたとしても、それを相手に知られることはまずないでしょう。

詳しくは後述しますが、そもそも個人再生をしたことが、他人に知られる可能性はほとんど無いといっていいですし、ブラックリストに入ったからといって、借金やクレジットカードの審査に使われるだけで、外部にその情報が漏れることはありません。

なぜなら、個人再生の場合、氏名と住所が官報(国が発行している新聞)に掲載されることになりますが、細かく官報の情報をチェックしているなんて人はめったにいませんし、一般的な生活を送っている方の場合、その存在すら知らないというケースがほとんどだからです。

個人再生とブラックリストの関係性
個人再生をするとクレジットカードは使用できなくなる?
個人再生で掲載される官報によって生じるリスク

住宅ローンや車のローンを組めない

個人再生特有というわけでは無く、債務整理をするとブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載ると、登録期間である5~7年は、ローンは一切組めなくなると考えていいでしょう。

なので、結婚後の人生設計に、マイホームやマイカーを持ちたいと考えている場合は、慎重に検討が必要です。

しかし、借金問題の解消よりも重要性が高いとは考えにくいので、まずは個人再生によって借金を解決することが望ましいでしょう。

ブラックリストから削除されると、ローンは組めるようになるため、配偶者に理解を求め、そのタイミングでマイホーム・マイカーを持つことがいいのではないでしょうか。

また、配偶者名義で住宅ローンや車のローンを組むことには、配偶者に金融事故が無ければ(ブラックリストに載っていない)何の問題もないので、配偶者が審査に通れば、あなたが個人再生をしていてもマイホームやマイカーを持つことは可能です。

子供への影響は?

結婚となると、将来生まれてくる子供に対する影響は気になるところでしょう。

しかし、個人再生による子供への影響は、殆どないと言えます。

強いてあげるのであれば、個人再生をしてからブラックリストに載っている期間の5~7年はローンが組めないため、教育ローンができないことと、借金の保証人になることができないため、奨学金の保証人になることができないことです。

ただ、これから結婚となると、子供が大学に行く頃には、余裕でブラックリストから外れているので、これは一切気にする必要はないでしょう。

個人再生によって子供の奨学金や就職に影響はでるのか?

個人再生がバレたくないなら結婚前がおすすめ

個人再生を行うことを検討しているのであれば、どちらかというと結婚前の方がおすすめです。

というよりも、個人再生するのは早ければ早いほど良いです。

個人再生について、婚約者と事前に借金問題の十分な話し合いをした上で、個人再生の手続きを行うのであれば、結婚前後のどちらであっても、それほど大きな問題はないでしょう。

しかし、できるだけ婚約者に知られずに個人再生をしたいのであれば、結婚前にすべきでしょう。

詳しくは後述しますが、個人再生の手続きにはそれなりの時間がかかる上に、やらなければならないことも少なくありません。

司法書士や弁護士などに代理人を依頼することによって、手続きを簡略化することは可能ですが、いずれにしても、代理人とやりとりをする必要がでてきます。

結婚前であれば、頻繁に司法書士や弁護士とやりとりをしていたとしても、同棲さえしていなければ、相手に知られるリスクを大幅に軽減することができます。

また、精神的にも結婚前に借金問題は解決しておいた方がいいでしょう。

個人再生の手続きにかかる期間は、一般的に6ヶ月程度なので、結婚が決まってからであっても、十分に間に合うのではないでしょうか。

個人再生と結婚を同時に検討している人は、まずは司法書士や弁護士などの専門家に相談してみましょう。

家族に秘密で個人再生できる?
個人再生の相談から手続き完了までに要する期間

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

結婚した後に個人再生すると配偶者にバレる?

続いては、結婚後に個人再生をするケースについて解説していきましょう。

基本的に、たとえ家族であっても個人再生に関する情報が通知されることはないため、直接バレる可能性は低いといえます。

しかし、個人再生では、配偶者に協力を求めなければならないことがあったりと、バレる要素は少なからずあります。

それでは、具体的に結婚後に個人再生をすることによって、配偶者にバレてしまうケースについて考えてみましょう。

家計簿や配偶者の給与明細や通帳のコピーの提出が求められることがある

個人再生の場合、裁判所への申し立ての段階で家計簿(家計収支表)を提出する必要があります。

また、配偶者にも収入がある場合、配偶者の給与明細や通帳のコピーの提出が求められることがあります。

この場合、夫婦とはいえ、配偶者に何の相談もなしに勝手に給与明細を持ち出したり、通帳をコピーするのは難しいことが想定できますので、前もって配偶者の協力が必要となるでしょう。

個人再生に必要不可欠な家計収支表(家計簿)と給与明細
個人再生の申し立てには通帳のコピーが必要

代理人や裁判所とやりとりをする必要がある

個人再生の手続きを行う際には、必ず代理人や裁判所とやりとりをする必要があります。

郵送によって書面が届くこともあれば、電話連絡をしなければならないケースもあることから、その中で配偶者に疑われてしまう可能性は十分にあるでしょう。
※郵送物が自宅に届かないように、代理人(依頼した司法書士や弁護士)が配慮してくれることが多い。

もちろん、連絡手段を限定することによって、配偶者に隠すことができないわけではありませんが、細心の注意を払う必要がありますし、隠し事を続けることが大きなストレスとなることは否めません。

近々、結婚を考えている人は、結婚前に個人再生の手続きを完了させて、結婚後は返済をするだけという状態にしておくことが望ましいでしょう。

ブラックリストに入ったことで疑われるケースがある

個人再生を行うと、ブラックリストに載ります。

そうなれば、510年の間は新たな借入やクレジットカードの使用をすることもできません。

教育ローンや住宅ローン、オートローンなども組めず、奨学金などの保証人になることもできません。

結婚生活の中で、ローンを組んだり、保証人にならなければならないシーンも少なくないため、審査に通らないことをうまく説明できなければ、疑われる可能性は高くなり、債務整理をした事実を隠せなくなる可能性はあります。

ただ、ブラックリストに載ることによって被る影響は、結婚前でも結婚後でも変わりません。

個人再生のデメリットを詳しくはこちら

車やバイクのローンが残っていると配偶者にバレるかもしれない

個人再生では、住宅ローンを除く全ての借金を整理対象にしなければいけません。

これは、特定の債権者にだけ返済することで、不平等が生じることを避けるためです。(債権者平等の原則)

つまり、車やバイクのローンが残っている場合は、それらも全て個人再生の整理対象になるのです。

ここで、所有権留保というものが関わってきます。

車やバイクは、通常、購入時に所有権留保が設定されています。

所有権留保とは、ローンを完済するまでの期間、車やバイクの所有者は、購入者ではなく販売者であるということを指し、ローンの支払いが出来なくなった際に、没収することが出来ます。

個人再生によって、車やバイクが整理対象となると、ローンを支払えないと判断され、没収されるという仕組みです。

今まで、車やバイクを使用していたのに、突然無くなってしまうとなると、配偶者に疑われる可能性はでてくるでしょう。

配偶者が借金の保証人になっている場合は影響は避けられない

個人再生の場合、債務者本人(借金をしている人)の借金総額は約5分の1まで減額することができるものの、保証人の返済義務は免責されません。

そのため、配偶者が借金の保証人となっている場合、バレる、バレないという問題以前に、保証人である配偶者に請求が行くため、影響を避けることはできないのです。

配偶者が保証人となっている場合は、事前にしっかりと話し合いをした上で、同時に個人再生を行うといった対策などを検討する必要があるでしょう。

配偶者が保証人になっている借金があるが、どうしても配偶者にバレずに借金問題を解消したい場合は、任意整理を視野にいれてみましょう。

任意整理であれば、整理対象を自由に選択できるため、保証人付き借金以外を整理対象にすれば、配偶者にバレることはありません。

しかし、個人再生に比べると、借金の圧縮額が非常に小さくなるため、バレるリスクと借金減額を両天秤にかけて慎重に検討したいものです。

個人再生による保証人への影響
任意整理と個人再生の違い
個人再生しても車を残しておくための6つの方法

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

結婚相手が個人再生をしていたら

続いては、逆に結婚相手が個人再生をしていたというケースについて解説していきましょう。

いきなり結論となってしまいますが、結婚相手が個人再生などの債務整理を行っていたとしても、基本的に影響を受けることはありません。

ただし、ブラックリストになっているので、借金をする際の保証人にはなってもらうことができません。

また、配偶者が個人再生をしていることを自分から申告してこなければ、その事実を知ることさえできないでしょう。

先ほどもお話しましたが、戸籍や住民票などに個人再生をしたといった事実が記載されることはありません。

もちろん、これは自己破産や任意整理などの場合も同様です。

結婚した後に、配偶者が個人再生を行う場合は、保証人になっていない限りは大きな影響を受けることはないでしょう。

ただ、数ヶ月分の給与明細などを提出しなければならないため、協力する必要はあります。

また、個人再生をしなければならないような額の借金を背負った状態になると、大きな不安を抱えることになるので、単に手続きをサポートするだけでなく、しっかりと精神面で支える姿勢で接することも重要でしょう。

いずれにしても、借金問題は家庭にとって大きな問題のひとつ。

そのため、家計を同一にしている夫婦なのであれば、お互いに相談し、一緒に解決策を見いだすことを視野に入れてみましょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

個人再生などの債務整理をしたからといって、結婚ができなくなってしまうようなことはありませんし、大きな障害になることもないでしょう。

しかし、結婚後に個人再生を行う場合、配偶者から完全に隠し通すことは決して簡単なことではありません。

もちろん、不可能ではありませんが、細心の注意を払う必要があります。

それよりも、すべてを話した上で、協力して、個人再生の手続きを行い、借金問題の解決を図ることを視野に入れてみてはどうでしょうか。

個人再生相談室TOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら