個人再生後に借金を一括返済や繰り上げ返済することは可能か?

返済

「個人再生後に一括返済や繰り上げ返済はできるのか?」
「個人再生で一括返済や繰り上げ返済するための条件とは?」

個人再生すると借金を大幅に減額してもらえますが、それを原則3年間で返済していく必要があります。

そのため、資金に余裕が出た場合には、一括返済や繰り上げ返済をしたいという人もいるでしょう。

個人再生後、一括返済や繰り上げ返済をするためには、

  • すべてのカード会社に同額の返済をする
  • カード会社からの同意を得る

という2つの条件を満たすことが必要です。

ただし、個人再生後、間がない期間で一括返済や繰り上げ返済する場合には、カード会社から財産隠しを疑われる可能性があるため、

  • 遺産相続した
  • 給与やボーナスが大幅に上がった

といった、正当な理由が必要になってきます。

しかし、こうした理由がない場合には、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)の心象を考えると、再生計画に基づいた返済を続けた方が無難といえるでしょう。

今回は、個人再生後に一括返済や繰り上げ返済する条件や、注意点などについて紹介したいと思います。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生後の一括返済や繰り上げ返済

個人再生後に返済中の借金を、一括返済や繰り上げ返済することは可能ですが、条件があります。

個人再生後に一括返済や繰り上げ返済は可能

個人再生した後、遺産相続や給与が大幅に上がったなどの理由で資金に余裕ができた場合には、再生計画に基づいた返済を、一括返済や繰り上げ返済にすることができます。

個人再生において、一括返済や繰り上げ返済が法的には禁止されていません。

また、個人再生後にカード会社へ返済する借金は利息が付かないため、通常の借金と違い、長期間で支払ってもらうメリットもないのです。

むしろ、何らかの理由によって支払い不能になり個人再生が取り消しになってしまう前に支払ってもらった方が、カード会社にとってもメリットがあるといえます。

そのため、ほとんどのカード会社が、個人再生後に一括返済や繰り上げ返済を認めてくれるケースが多いのです。

ただし、個人再生後に一括返済や繰り上げ返済をするためには、次の2つの条件が必要になります。

一括返済や繰り上げ返済できる条件

個人再生後に一括返済や繰り上げ返済をする場合には、

  • すべてのカード会社に同額の返済をする
  • カード会社からの同意を得る

という2つの条件を満たす必要があります。

個人再生は、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらえ、残った借金を原則3年間(最大5年間)で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理(借金問題を法的に解決する手続き)の1つです。

ただし、個人再生には「債権者平等の原則」というルールがあるため、すべてのカード会社を平等に扱う必要があります。

そのため、すべてのカード会社に同じ金額を返済しないと「偏頗弁済」(へんぱべんさい)とみなされ、個人再生することができなくなるのです。

よって、特定のカード会社だけに、借金を一括返済や繰り上げ返済する行為は固く禁じられています。

もちろん、特定のカード会社だけを、個人再生の整理対象から除外することもできません。

また、個人再生後に一括返済や繰り上げ返済をする場合には、カード会社からの同意が必須となりますが、前述したようにカード会社が断る理由は特にないため、問題なく同意が得られるでしょう。

個人再生後に一括返済や繰り上げ返済するメリット

個人再生後に、一括返済や繰り上げ返済をするメリットを紹介します。

銀行の振込手数料をカットできる

個人再生後、借金を返済する場合には、指定の銀行口座に振り込むことになります。

その際、一括返済や繰り上げ返済することで、地味に発生する振り込み手数料をカットすることが可能です。

たとえば、1社あたりの振り込み手数料が400円で5社に返済する場合には、

400円×5社×36ヶ月=72,000円

となり、3年間で72,000円を節約することができます。

したがって、一括返済や繰り上げ返済することができれば、無駄な出費を抑えることができるのです。

借金があるという精神的な負担からの解放

借金を抱えて生活するというのは、思った以上に精神的な負担がかかるものです。

また、借金の返済中に会社の倒産や大病を患うといった理由で、個人再生に失敗する可能性もあるため、借金の返済中はどうしても心が休まらないという人も多いでしょう。

しかし、借金を一括返済や前倒し返済できれば、こうした精神的な負担から解放されますので、大きなメリットといえます。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生後に一括返済や繰り上げ返済する場合の注意点

個人再生後に一括返済や繰り上げ返済する場合には、いくつか注意点があります。

個人再生して間がないと財産隠しを疑われる可能性がある

個人再生後、それほど時間が経過していない段階で、一括返済や繰り上げ返済を行うと、カード会社から財産隠しを疑われる可能性があるため注意が必要です。

個人再生は借金を減額してもらえる代わりに、申し立て人が保有する財産と同額以上の金額を返済する義務があります。

これが、個人再生の「清算価値保障の原則」と呼ばれるものです。

なお、清算価値とは、あなたが自己破産した場合に、保有財産を裁判所が換価(お金に換えること)処分し、カード会社に配当する金額(価値)のことです。

したがって、多くの財産を持っている人が個人再生すると、より多くの借金を返済する必要があります。

そのため、個人再生してすぐに一括返済や繰り上げ返済を行おうとすると、カード会社から「清算価値を少な目に申告して、最低弁済額(個人再生後に返済する借金)を安く抑えたのでは?」と疑われる可能性が高くなるのです。

正当な理由がない場合には再生計画通りの返済が無難

個人再生後、一定の期間が経ち、多少の繰り上げ返済をする程度であれば、カード会社からそれほど問題視される可能性はありませんが、一括返済する場合には正当な理由が必要になります。

たとえば、

  • 親の急死で遺産相続した
  • 給与やボーナスが大幅にアップした
  • 株式やFXなどで大儲けした
  • 副業で収入が増えた

といった、個人再生の申し立て時には、予想できないような理由であれば、カード会社に認めてもらえる可能性が高いでしょう。

カード会社の立場としては、「お金があるなら借金を満額返済してほしい」と思うのは当然なので、場合によっては、裁判所に再生計画認可決定の取り消しを申し立てるケースもあり得えます。

そして、これを裁判所が認めた場合には、借金は個人再生前の状態に戻ってしまうことになるのです。

したがって、こうした事態を回避するためにも、個人再生後、それほど時間が経っていない状況では、一括返済や繰り上げ返済はせず再生計画通りの返済を続けるべきしょう。

どうしても一括返済や繰り上げ返済をしたい場合には、しばらく時間を置いてからチャレンジした方が賢明です。

また、もし本当に、退職金や保険の解約返戻金を正しい金額で申告していなかった場合には、「詐欺再生罪」に該当する可能性があります。

そうなると、かなり高確率で再生計画が取り消されてしまうでしょう。

ですので、急な遺産相続や給与アップといった、個人再生の申し立て時には予期できなかった場合であれば法的に問題はありませんが、カード会社の心象を理解した上で、再生計画通り返済を続ける方が、無難といえるのです。

個人再生すると退職金も財産(清算価値)扱い?!見込み退職金とは?

ブラックリストに載る期間は変わらない

個人再生すると、信用情報機関が収集、管理する信用情報に事故情報として登録され、5年程度の期間、ローンやクレジットカードの利用といった、カード会社から新たな借入ができなくなります。

この状態が「ブラックリストに載る」と呼ばれるものです。

なお、信用情報機関とは、カード会社と顧客が適正に取引できるようにするため活動する機関のことで、信用情報とは、カード会社と顧客の取引履歴になります。

通常、個人再生の手続きから5年程度の期間が経過すれば、信用情報から事故情報が抹消されるため、再び借入ができるようになります。

ただし、一括返済や前倒し返済をしたとしても、事故情報が抹消されるまでの期間は短くなりません。

つまり、個人再生後に一括返済や繰り上げ返済しても、ブラックリストに載る期間は変わらないということです。

個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

  • 個人再生した後、遺産相続や給与が大幅に上がったなどの理由で資金に余裕ができた場合には、再生計画に基づいた返済を一括返済や繰り上げ返済することが可能
  • 個人再生後に一括返済や繰り上げ返済をする場合には、以下の条件が必要
    └すべてのカード会社に同額の返済をする
    └カード会社からの同意を得る
  • 個人再生後に一括返済や繰り上げ返済するメリット
    └銀行の振込手数料をカットできる
    └借金があるという精神的な負担からの解放
  • 個人再生後に一括返済や繰り上げ返済する場合の注意点
    └個人再生して間がないと財産隠しを疑われる可能性がある
    └正当な理由がない場合には再生計画通りの返済が無難
    └ブラックリストに載る期間は変わらない

個人再生相談室TOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら