家賃滞納で個人再生すると?保証会社利用やカード払いは要注意!

滞納中の女性

「借金だけでなく家賃も滞納している場合個人再生はどうなるの?」
「個人再生をすることで今の家に住めなくなる可能性は?」

個人再生ではカード会社からの借金が全て対象になることはもちろん、親族・知人からの借金なども対象に含まれます。

では、滞納した家賃はどのように扱われるのでしょうか?

また、家賃を滞納している状態で個人再生を行うことで、今住んでいるアパート・マンションなどの賃貸物件に住めなくなることはあるのでしょうか?

本ページでは、家賃を滞納している人が個人再生を行った場合の影響や、その対処方法について、詳しくご説明します。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

滞納した家賃は個人再生で圧縮できる?

個人再生は「債権者平等の原則」に基づき、すべての借金が対象に含まれます。

滞納した家賃も、ここでは借金として扱われるため、個人再生の対象に含まれます。

つまり、アパート・マンションなど賃貸の家に住んでいる人が個人再生を行う際に、滞納した家賃がある場合、滞納した家賃も個人再生によって圧縮されます。

債権者平等の原則とは?

債権者平等の原則とは、複数の人やカード会社から借金をしている人が裁判所を通じた債務整理(個人再生・自己破産)をする際に、それらの借金を平等に取り扱わなければならないというルールのことです。

たとえば、複数のカード会社から借金をしている人が、ある一部のカード会社に対してだけ優先的に借金を返済したり(偏頗弁済)、他のカード会社よりも多く借金を返済してしまったり、ある一部のカード会社からの借金を裁判所に隠してしまったりすると、他のカード会社にとっては不公平や不平等となってしまいます。

そこで、債権者平等の原則というルールを作り、お金を貸している人やカード会社に不平等がないようにしているのです。

偏頗弁済ってなに?

家賃を滞納したまま個人再生すると家を追い出される

前述の通り、個人再生を行えば、滞納した家賃は圧縮され、大家さんに支払うべき金額は少なくなります。

これによってあなたの借金の負担は軽減されるわけですが、それは裏を返せば、大家さんに大きな迷惑がかかることになります。

個人再生を行って、滞納した家賃が圧縮されてしまうと、「決められた家賃を支払えなかった」ということになるため、大家さんとあなたとの間で契約違反が起きてしまい、大家さんに賃貸契約を解除されてしまい、今住んでいるアパート・マンションなどを追い出されることになってしまいます。

家賃を滞納していなければ個人再生後も住み続けられる

ちなみに、家賃の滞納がなければ、個人再生をしたからといって今住んでいる賃貸アパート・マンションを追い出されることはありません。

滞納がなく、今後も家賃を継続的に支払っていれば、問題はありませんのでご安心ください。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生後も今住んでいる家に住み続けるためには……

「個人再生はしたいけど、今住んでいるアパート・マンションを追い出されてしまったら困る」という場合、2つの解決策があります。

以下ではそれぞれの手段についてご説明します。

滞納した家賃を親族・知人などに支払ってもらう

個人再生を行う前に、親族・知人などに頼んで、滞納した家賃を代わりに支払ってもらえば、個人再生後もそのアパート・マンションに住み続けられます。

前述の通り、個人再生の手続き前後は、債権者平等の原則の基づき、個人再生の手続きを行う本人からの偏った返済・支払いをしてはなりません。

しかし、親族・知人など第3者からの返済・支払いであれば、たとえ偏った返済・支払いであっても、偏頗弁済とは捉えられないのです。

そのため、親族・知人などに滞納した家賃の支払いを肩代わりしてもらえば、大家さんとの契約違反になることもなく、個人再生後も今住んでいるアパート・マンションに住み続けることが可能なわけです。

個人再生の手続き前に滞納した家賃を完済する

金銭に余裕のある人であれば、個人再生の手続き前に滞納した家賃を完済してしまうことで、今住んでいるアパート・マンションに住み続けることも可能です。

前述のように、個人再生前に滞納した家賃だけを偏って返済してしまうと、偏頗弁済にあたります。

偏頗弁済をしてしまった際は、偏頗弁済をした分だけ、個人再生後の返済額(計画弁済額)が上乗せされてしまいます。

つまり、個人再生の手続き前に滞納した家賃30万円分を偏頗弁済した場合、元来の計画弁済額が200万円だったとしたら、計画弁済額を230万円にしなければなりません。

このように、計画弁済額上乗せしてでも今のアパート・マンションに住みたいという場合、意図的に偏頗弁済を行うという手段もあるわけです。

個人再生による賃貸(アパート・マンション)への影響は?住み続けられる?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

  • 滞納した家賃は個人再生によって圧縮できる
    ・個人再生では「債権者平等の原則」に基づき、すべての借金が対象
    ・滞納した家賃が圧縮されたことによって契約違反が発生し、今住んでいるアパート・マンションを追い出されてしまう
  • 家賃を滞納している人が個人再生後も今の家に住むためには?
    ・親族・知人に滞納した家賃の肩代わりをしてもらう
    ・計画弁済額が増えることを覚悟して、滞納した家賃を偏頗弁済する

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら