個人再生の解決事例②クレジットカードの現金化による借金

事業やクレジットカードの現金化による借金を減額し、事業を続けられた事例

このご相談者様は、個人事業をするにあたり、設備投資や運転資金として借入をしたり、売上を上げるため接待交際費などの経費を負担するのにクレジットカードに頼ったりしていました。

返済額がふくらんでいき、クレジットカードでギフトカードを買って換金するようになってしまいました。

返済が続かないことから,インターネットで検索して当法人に相談に来られました。

【ご相談時の借入状況】

  • 日本政策金融公庫 630万円
  • JCB 150万円
  • 楽天カード 100万円
  • 三井住友カード 50万円
  • YJカード 70万円
  • オリックス銀行 60万円
  • ジャパンネット銀行 50万円
  • SMBCモビット 50万円
  • 他2社 40万円

 計10社1200万円

【個人再生を選択した経緯】

目ぼしい財産はありませんでしたが、クレジットカードの買い物枠の現金化は、自己破産しても免責されない事由にあたること、ご相談直前から別の形で個人事業を始めていたことから、個人事業への影響を少なくするため、自己破産でなく、個人再生を選択しました。

【結果】

借金額が5分の1まで減り、約240万円を3年間で返済することになりました。

日本政策金融公庫が借金額の半分以上を占めていたことから、賛成してもらうため、収入・支出や財産の状況をもとに、自己破産より債権者にも有利であることを説明して理解していただきました。

ご相談前の1ヶ月の返済額約40万円から、約7万円まで減少し、少しずつですが貯金ができるくらいになりました。

個人再生前 個人再生後
借金総額 1200万円 240万円
月々の返済額 40万円 7万円

個人再生相談室TOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら