個人再生で400万円の借金がなんと100万円に!

400万円の個人再生

「400万円の借金を個人再生するとどうなる?」
「個人再生で400万円の借金はいくらまで減るのか?」

借金を大幅に減額してもらえる個人再生。

400万円の借金がある人が個人再生すると、借金は最大100万円にまで減額されます。

しかし、個人再生の手続きのひとつである小規模個人再生では、借金を減額してもらえる代わりに、あなたが持つ財産以上の金額は返済する必要があるため、借金の減額率が減る可能性があるのです。

さらに、もう一つの手続きである給与所得者等再生では、2年分の可処分所得額という条件が加わるため、さらに減額率が低くなる可能性もあります。

そのため、個人再生をする際には、弁護士や司法書士といった専門家のアドバイスを仰ぎ、あなたにとって最適な方法で個人再生する必要があるのです。

そこで今回は、個人再生によって400万円の借金がどのくらい減るのか詳しく紹介しつつ、任意整理やおまとめローンといった、その他の方法とも比較してみましょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

400万円という借金の重み

400万円という借金は、平均的な収入の人にとっては、非常に重い負担になります。

日本の平均年収とほぼ同額

平成29年度の日本の平均年収は432万円という調査結果だそうです。

ただし、男女の内訳は男性が531万円、女性が287万円とかなりの差があります。

また、正規雇用者では493万円、非正規雇用者の場合は175万円と、こちらも大きな差があるのが実情です。

平均年収である432万円の人が支払う税金は、住民税と所得税を合わせて約30万円となるため、手取り給料は342万円程度になります。

さらに、ここから家賃や食費、光熱費などを支払うことが必要です。よって、たとえば、

  • 家賃:12万円/月
  • 光熱費:2万円/月
  • 食費:6万円/月
  • 保険料:3万円/月
  • 交際費など:5万円/月

という人の場合、毎月28万円の費用が発生するため「28万円 ×12ヶ月 =336万円」で、残りはたった6万円しかありません。

これでは、借金の返済どころではないでしょう。

もちろん、収入量によってはもっと余裕がある場合もあると思いますが、平均的な年収の人が400万円という借金を返すことが、非常に困難であるということが分かってもらえたかと思います。

400万円の借金返済による負担は大きい

たとえば、以下のように3社から合計で400万円の借金をしていた場合には、

  • アコム(約260万円・月々93,996円の返済・利息:783,864円)
  • プロミス(約100万円・月々36,152円の返済・利息:301,486円)
  • JCBカード(約40万円・月々14,461円の返済・利息:120,594円)

(上記は3年返済)

毎月の返済額は144,609円で、利息は合計で1,205,944円ということになります。

毎月の返済額が15万円というのも生活に大きな影響を与えるでしょう。

そして、何よりも400万円の借金の利息が3年経つと約120万円になるというのが、非常に勿体ないことだと思います。

毎月の返済負担を下げて、利息もできるだけ少なくしたいところですよね。

5年返済にするとどうなるのか?

3年返済では流石に厳しいため、5年で返済するとどうなるのか見てみましょう。

  • アコム(約260万円・月々66,023円の返済・利息:1,361,375円)
  • プロミス(約100万円・月々25,393円の返済・利息:523,606円)
  • JCBカード(約40万円・月々10,157円の返済・利息:209,442円)

5年返済にすると、毎月の返済額が101,573円で、利息は合計で2,094,423円になります。

3年返済と比べると、毎月の返済額は4万円ほど下がりますが、利息が80万円ほど増え、合計200万円を越えてしまうのが悩ましいところでしょう。

よって、支払額もまだまだ厳しいですが、それ以上に利息を減らしたいところですよね。

おまとめローンという選択肢もある

複数のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの借金を一つにまとめられる「おまとめローン」を使うと、消費者金融よりも安い金利になるため大きく返済の負担を減らすことができます。

おまとめローンで一つにした400万円の借金を、3年間で返済しようとした場合、

  • 返済回数:36 回
  • 毎月の返済額:118,988円
  • 返済総額 :4,283,557円
  • 利息:283,557円

(金利:実質年率4.5% )

という試算になり、先程よりもかなり負担が抑えられているのが分かります。さらに、5年で返済した場合には、

  • 返済回数:60 回
  • 毎月の返済額:74,572円
  • 返済総額 :4,474,325円
  • 利息:474,325円

(金利:実質年率4.5% )

となるため、毎月7.5万円程度の返済が続けられる人であれば、おまとめローンを使うというのもよいかもしれません。

しかし、毎月7.5万円の借金を5年間も返済し続けるのは、思った以上に負担が重いと思われます。

おまとめローンと個人再生はどちらがお得?違いは?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

任意整理なら利息がカットできる

債務整理の一つである任意整理であれば、借金の利息をカットすることが可能です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、将来的に発生する利息がカットされ、3年~5年程度の分割払いにしてもらえるため、借金返済の負担が大きく下げられることです。

つまり、借金の元本だけを分割払いで支払えるようにしてもらえる手続きともいえます。

400万円の借金に発生する利息はかなりの金額になってしまうため、非常にありがたい手続きなのです。

また、任意整理では、借金の整理対象を自由に選択できますので、自動車ローン返済中の車や、保証人付きの借金を除外して債務整理することもできます。

任意整理のデメリット

利息のカットなどメリットの大きい任意整理ですが、当然デメリットもあります。

まず、任意整理は利息がカットされますが、借金の元本自体は一切減りません。

そのため、借金額が大きすぎる場合には、返済していくことが困難になるため利用できないのです。

また、任意整理すると、信用情報機関(カード会社と顧客が適正に取り引きできるよう、信用情報を収集、管理する機関)が管理する信用情報(カード会社と顧客の取引情報や債務整理の記録)に事故情報として登録されるため、5年程度の期間カード会社から新たな借入ができなくなります。

これがいわゆる、「ブラックリストに載った」と言われる状態です。なお、ブラックリストに載ると、次のようなデメリットが生じます。

  • カードの新規発行、利用ができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • キャッシングができなくなる
  • リボ払い、分割払いができなくなる

任意整理に向いている人の条件

400万円の借金を、任意整理して3年で返済する場合には、

  • 返済回数:36 回
  • 毎月の返済額:約111,112円
  • 返済総額 :4,000,000円
  • 利息:0円

となるため、毎月11万円以上の返済が必要です。これを5年返済にすると、

  • 返済回数:60回
  • 毎月の返済額:約66,667円
  • 返済総額 :4,000,000円
  • 利息:0円
  • となるため、毎月7万円程度の借金を5年間返済し続けられる人であれば、任意整理という選択肢も考えられるでしょう。また、
  • 自動車ローン返済中の車やバイクを手元に残したい
  • 保証人付きの借金がある

といった人の場合、これらの借金を整理対象から除外して任意整理することも可能です。

したがって、こうしたメリットを得るために、任意整理を選択した方がよいケースもあります。

しかし、毎月の返済額を考えると、まだまだハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。

400万円の借金を個人再生するとどうなるのか

では、個人再生することで、400万円の借金がどの程度まで減額され、毎月いくら返済する必要があるのか説明します。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらえ、残りを原則3年間で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理の一つです。

ただし、個人再生では、個人で5,000万円以下の借金が対象となります。

また、減額された借金を3年間で返済できる程度の収入の見込みが立っていることが申し立ての必須条件です。

さらに、個人再生には借金を減額してもらいながら、住宅ローンが残った自宅を手元に残せる「住宅ローン特則」という制度もあり、多くのサラリーマンに利用されています。

個人再生の効果

個人再生の最大減額率

個人再生のメリットは、借金が大幅に減額されることです。

個人再生における借金減額率で最大のものが「最低弁済額」と呼ばれ、借金の大きさによって以下のように決まっています。

最低弁済基準額

したがって、400万円の借金を個人再生すると100万円まで減額してもらえ、これを原則3年間(最大5年まで延長可能)で返済していくことになるのです。

つまり、毎月約2.8万円を3年間返済し続けられれば、借金を完済扱いにしてもらえます。

ただし、最低弁済額はあくまでも個人再生における“最大”の減額率となるため、以下で説明する「清算価値」と「2年分の可処分所得額」によっては、減額率が減る可能性もあります。

借金減額率を左右する要素①:清算価値

個人再生は借金を減額してもらえる代わりに、最低限あなたが持つ財産以上の金額と同等以上返済しなくてはいけないという「清算価値保証の原則」と呼ばれるルールがあります。

そのため、財産(清算価値)をたくさん持っている人の場合、借金がそれほど減額されない可能性があるのです。

個人再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生という2つの手続きがあるのですが、前者は、

  • 最低弁済額
  • 清算価値

のいずれか多い方を、個人再生後に支払うことが必要です。(後者については後述)

そのため、借金が400万円でも、150万円の財産を保有していた場合には、

最低弁済額:100万円 < 清算価値:150万円

となるため、最低弁済額は150万円まで引き上げられます。

したがって、毎月約4,2万円を3年間支払い続ける必要があるわけです。なお、このとき引き上げられた最低弁済額を、計画弁済額と呼びます。

清算価値について詳しくはこちら

借金減額率を左右する要素②:2年分の可処分所得額

いっぽう、もうひとつの手続きである給与所得者等再生では、小規模個人再生と同じ

  • 最低弁済額
  • 清算価値

に加えて

  • 2年分の可処分所得額

という条件の中から最も多い金額を支払う必要があります。

可処分所得額とは、毎月の給料から税金や家賃、保険代や光熱費、食費、生活費などを抜いた金額のことです。

たとえば、先程の事例(借金:400万円、清算価値150万円)で、可処分所得額が7万円だった場合、

最低弁済額:100万円 < 清算価値:150万円 <2年分の可処分所得額:168万円

となり、計画弁済額は168万円になってしまいます。

このように、毎月の手取り給料が多い人が給与所得者等再生で手続きを行う場合には、個人再生の借金減額率が少なくなる可能性が高いでしょう。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

個人再生のデメリット

個人再生すると借金を大幅に減額してもらえますが、次のようなデメリットもあります。

  • 借金の整理対象が選べない
  • ブラックリストに載る
  • 官報に載る
  • 同居した家族がいる場合、個人再生したことがバレやすい

個人再生では全ての借金が整理対象になるため、任意整理のように借金の整理対象が選べません。

したがって、

  • 自動車ローン返済中の車やバイクを手元に残したい
  • 保証人付きの借金がある

という人にはおすすめできません。

また、個人再生するとブラックリストに載ってしまうのですが、事故情報の掲載期間が5年~10年程度と任意整理よりも長くなります。

さらに、個人再生は裁判所を介する手続きになるため、官報(政府が発行する新聞のようなもの)に名前や住所、個人再生した事実などが掲載されてしまいます。

しかし、官報は一般の人が目にする機会はほとんどないため、家族や知人にバレる可能性は低いでしょう。

そして、個人再生は同居した家族にバレずに手続きを行うのが困難というデメリットもあります。

なぜなら、個人再生を裁判所に申し立てする場合には、世帯全体の収支状況を申告しなくてはいけないため、光熱費の明細や家計簿が必要となり、個人再生したことを家族に内緒にしておくことが困難になるからです。

また、同居する家族に収入がある場合には、同居人の給与明細の提出も必要なため、さらに厳しくなってしまいます。

個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!

400万円の借金を個人再生した事例

最後に、400万円の借金を個人再生した事例を、いくつか紹介したいと思います。

Aさん(小規模個人再生):借金額400万円・清算価値なし

400万円の借金があったAさんは、毎月の返済額が15万円程度あり、返済日が近づくたびにキャッシングを繰り返すようになっていたため、小規模個人再生に踏み切りました。

その結果、

  • 最低弁済額:100万円
  • 返済回数:36回
  • 月返済額:2.8万円

と借金を大幅に減額することに成功したのです。

Aさんは主だった財産がなかったため、最低弁済額まで圧縮された借金を3年間で返済してもらえるよう調整できました。

毎月の返済負担は約1/5まで圧縮され、返済の負荷は著しく下がったといえるでしょう。

Bさん(小規模個人再生):借金額400万円・清算価値なし・住宅ローンあり

Bさんは、毎月10万円の住宅ローンと15万円の借金をダブルで返済していたため、かなり生活が苦しい状況でした。

しかし、自宅を手放したくなかったBさんは、小規模個人再生で住宅ローン特則を利用することにしたのです。その結果、

  • 最低弁済額:100万円
  • 返済回数:36回
  • 住宅ローン:減額なし、返済額10万円/月
  • 月返済額:2.8万円+8万円=12.8万円

となり、借金の負担を大きく減らしつつ、自宅を残すことに成功しました。

Cさん(給与所得者等再生):借金額400万円・可処分所得額7万円/月

Cさんは当初、小規模個人再生で手続きを進めていたのですが、カード会社の過半数から反対されてしまい個人再生することができませんでした。

そのため、カード会社の同意が必要ない給与所得者等再生で手続きをすることにしたのです。

その結果、

  • 最低弁済額:100万円
  • 2年分の可処分所得額:168万円
  • 計画弁済額:168万円
  • 返済回数:36回
  • 月返済額:4.7万円

となり、小規模個人再生より68万円返済額が増える結果にはなりましたが、大幅に借金を減らすことに成功しました。

個人再生の費用相場はいくら?裁判費用と弁護士費用の2種類存在
個人再生の手続きの流れ/裁判所を介する個人再生の手続きは大変?
個人再生しても車を残しておくための6つの方法

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

  • 400万円の借金を3年間で返済しようとした場合には、合計で1,205,944円の利息を支払う必要がある
  • 400万円の借金を5年間で返済しようとした場合、合計で2,094,423円の利息を支払う必要があるため、3年返済と比べ負担がかなり増える
  • 400万円の借金を個人再生すると、最低弁済額は100万円になるため、毎月2.8万円を36回(3年間)で返済できれば借金を完済扱いとなる
  • 400万円の借金をおまとめローンにして3年間で返済しようとした場合には、毎月12万円程度返済する必要がある
  • 400万円の借金を任意整理すると、毎月約11万円を3年間返済し続ける必要がある
  • 100万円以上の財産を持っている人が400万円の借金を個人再生しても、計画弁済額は100万円以上になるため減額率は減る
  • 住宅ローン特則を使えば、借金を減額してもらいつつマイホームを残すことができる

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら