500万円以上の借金を解決するなら個人再生がおすすめ

500万円の個人再生

「借金500万円を個人再生するとどうなるか知りたい」
「500万円の借金は個人再生がベストなの?」

500万円というと結構な額であり、日本人の平均収入から考えると、返済していくには相当な節制が必要です。

500万円を5年ほどで完済するためには、ざっくりと毎月12万円程度を返済していかなければいけませんが、5年間継続することは並大抵の自制心がなければ難しいことでしょう。

ちなみに、500万円の借金であれば、一か月の利息は約6万円程度なので、毎月6万円しか返済していなければ、元本は一切減らないので、借金は永遠に500万円のままです。(500万×15%÷12ヵ月)

あなたの収入や、持っている財産の状況など、人によって環境は違うため、誰でも一様に個人再生をした方が良いというわけではありませんが、一応の目安は示すことができるので参考にしてみてください。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

返済能力によって借金の解決法は異なる

500万円以上の借金であれば個人再生がおすすめ、というのは日本の平均的なサラリーマンであれば、という前提があります。

日本の男性の平均年収は、450万円~500万円程度ですので、これくらいの年収であれば、500万円の借金を完済することは非常に難しいというわけです。

ただ、稼ぎの中から、どれくらいの出費をするかにもよって異なってきますし、そもそもいくら稼いでいるかによっても変わります。

もし、あなたが独身であり、自分だけのためにお金を使える状況と、子供がいたり親と同居していて家族を養っている状況では、出費は歴然と異なります。

収入-支出(最低限の生活費)=返済能力

つまり、返済能力によって、どの借金解決方法が適しているかは異なってくるということですので、一概に、「あなたの借金は〇〇万円だからこの方法が適している」、とは言えないことを念頭に置いて読み進めて下さい。

個人再生に年収は関係するのか?年収が高い人ほど行った方がいい訳は?

約85,000円が月々返せるなら任意整理でもOK

まず、個人再生とは異なりますが、一番リスクが少ない任意整理を検討したことが無ければ、まず任意整理から考えてみても良いでしょう。

任意整理では、整理対象を自由に選択できるという特性があります。

「だから何だ?」という話になると思いますので、整理対象を自由に選択できるという特性が、どのように生きるか説明しましょう。

例えば、あなたが、ローン中の車や保証人付きの借金があるとすると、個人再生では、全ての借金を整理対象にしなければいけないため(債権者平等の原則)、車のローンも保証人付きの借金も整理対象となり、車は没収されるし保証人に請求が行き迷惑をかけることとなります。

しかし、任意整理では、車のローンや保証人付きの借金を整理対象から除外することが出来るため、車を手元に残せたり、保証人に請求がいくという迷惑を防ぐことができます。

『ローン中の車をどうしても残したい』
『保証人に迷惑をかけたくない』

といったように、全ての借金が整理対象になってしまうと困る場合は、任意整理であれば、融通が利くのです。

ただし、個人再生と比べると、任意整理では懸念点があります。

任意整理の懸念点は、元本を減らすことができないこと。

これから発生するであろう利息(将来利息)をカットし、60回の分割払いに返済回数を組み直すので、500万円の借金は丸々残ることになります。

つまり、500万÷60≒8万5千円なので、毎月8万5千円は返済していく能力が必要になります。

まとめると、特定の借金を整理対象から外したい、かつ、毎月8万5千円を返済していくことが可能であれば、任意整理がおすすめということです。

しかし、実際問題のところ、毎月8万5千円の返済は苦しいものなので、500万円もの借金があれば、元金を減らせる個人再生が現実的な解決方法となる可能性が高いでしょう。

個人再生と任意整理の違い

500万円の借金を個人再生すると?

個人再生は、これから先も継続して得られるであろう収入があり、借金の合計が5000万円未満であれば、裁判所に申し立てることができます。

利息は0となり、借金の元金も最大5分の1まで減らすことができます。

また、個人再生では、全ての借金を整理対象にしなければいけないとお話ししましたが、唯一、住宅ローンだけは整理対象から外すことが出来ます。

なぜなら、詳しくは触れませんが、個人再生には住宅ローン特則があるからです。

個人再生は、ローンが残っている住宅を残しながら、借金を減額できるというのが特徴なので、ローンが残っているマイホームがある人によく利用されています。

それでは、一番気になるところであろう、500万円の借金はいくらまで減額できるのか説明していきます。

その前に、個人再生によって、借金を減額できる決め手になる2つのポイント『最低弁済額』と『清算価値保障の原則』を整理しておきましょう。

最低弁済額とは

最低弁済額とは、借金をこれ以上下げることができないという法律で定められたボーダーラインのことです。

500万円の借金であれば、100万円が減額できるボーダーライン。

借金が、500万円以上1500万円であれば、借金額の20%がボーダーラインなので、800万円の借金であれば、160万円が減額のボーダーラインとなります。

最低弁済基準額

前述の中で、個人再生をするためには、借金額が5000万円未満であることをお伝えしていましたが、それは、この最低弁済額という決まりがあったからです。

以上の最低弁済額という1つのポイントにより、500万円の借金であれば、最高100万円にまで減額できる可能性があるというわけです。

ただし、”可能性がある”ということなので、確実に100万円にまで減額できるわけではなく、もう一つの決め手ポイントである清算価値保障の原則も満たさなければいけません。

個人再生における最低弁済額とは?

清算価値保障の原則とは

500万円の借金は、最低弁済額だけを考慮すれば、100万円まで減額できることになりますが、清算価値保障の原則もプラスして考慮しなければいけません。

清算価値保障の原則とは、「所有している財産の価値分は返済する必要がある」ということです。

つまり、所有している財産の価値が、100万円よりも多い場合は、財産の価値分までしか減額できないということ。

所有財産の価値が150万円であれば、150万円までにしか減額できないのです。

なぜ、清算価値保障の原則というものが存在するのかという理由は省きますが、これが少し厄介なものです。

財産というものには、色んな種類があり、家・車・預金・現金・宝飾品など様々なものがありますが、それでは、所有しているもの全てをお金に換えた額が清算価値としてカウントされるのか、というとそういうわけでもありません。

財産は、自由財産であるか、自由財産ではないか、の2つに分類することができ、自由財産でないものが、清算価値としてカウントされることになります。

自由財産にあたるものは、細かく取り決めされていますが、ざっくりと説明すると、生活する上で最低限必要な物のことであり、自己破産をした際に処分されることのない財産のことです。

99万円以下の現金・テレビや家具などの差し押さえ禁止財産・20万円以下の価値のもの、などが自由財産になるため、これら以外のものが、清算価値の対象となるわけです。

ちなみに、住宅のローン残額が800万円で、その住宅を売却すると1000万円の場合は、差額の200万円が財産額となるたため、200万円が清算価値としてカウントされます。

つまり、500万円の借金は、200万円までしか減額できないということです。

逆に、車や住宅などの財産を持っていなければ、清算価値は無いため、最低弁済額だけを考慮すればOKです。

清算価値としてカウントすべき見落としがちなものが、保険の解約返戻金・退職金・所有株などがああります。

生命保険の解約返戻金が100万円を超える個人再生は要注意
個人再生すると退職金も財産(清算価値)扱い?!見込み退職金とは?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

借金500万円を個人再生した実例

ここまで、長々と説明してきましたが、実際の例を見た方が理解が深まると思いますので、以下を参考にしてみてください。

借金500万円あったAさんのケース(東京都在住 40代男性)

Aさんは借金が500万円あり、個人再生の申立を行いました。

妻と2人の子供で4人家族、家は賃貸マンション、飲食店をチェーン展開している大手企業の部長として働ていており、手取りの年収は、800万円程度でした。

平均的なサラリーマンと比べても、家族体系と収入のバランスは良く、借金とは無縁のように思えるかもしれませんが、仕事の付き合いやストレス発散で頻繁に外に飲みに出歩いていました。

Aさんがお金の管理をしていたので、自由にお金を使えたのですが、ある時に、急な出費が重なり、生活費がめり込んでしまったのが借金の始まりです。

生活費を補填するために、アコムから借り入れ、そこから借金をすることが、自分の口座から引き出す感覚と同様になり、約8年程で借金は500万円までに膨らんでしまいました。

借金が500万円あった時の月々の返済額は、約15万円くらいだったので、ギリギリなんとか返済していけていたのですが、一番上の子供が私立大学に進学することになり、返済が困難になったことが、個人再生を検討するタイミングとなりました。

Aさんは車や家など、特に財産となるものを持っていなかったため、返済総額は最低弁済額である100万円までの減額が認められました。

個人再生の手続きに要した期間は、約6ヵ月だったので、平均的なスピードです。

個人再生の結果、初回に約3万円、その後約28,000円を35回、計36回(3年間)の分割で返済する計画となりました。

  • 利息:0%(免除)
  • 返済回数:36回(3年)
  • 初回返済:30,500円
  • 月返済額:27,700円(2回目以降)

借金額:500万円 ⇒ 100万円
月々の返済額:15万円 ⇒ 約3万円

借金500万円あったBさんのケース(神奈川県在住 50代男性)

Bさんには500万円の借金がありました。

3人の子供、妻、母の6人家族、住宅はローン返済中、中小のIT企業に勤めており、手取りの年収は500万円程でした。

奥様は、パートをしていたので、年に100万円程の収入があり、世帯収入は600万円。

個人再生を検討するきっかけとなったのが、債務整理のCMを見て、インターネットで調べてみたことでした。

Bさんの返済状況は、利息分が大半を占めていたので、500万円の借金が完済できるイメージは一切無かったとのことでしたが、ダメもとで弁護士事務所に相談をしてみました。

それまで自己破産が頭をよぎったことはありましたが、母と同居していることもあり、住宅だけは手放したくなかったので、自己破産は避けたかったようです。

弁護士に相談の結果、個人再生を進められることになりました。

個人再生の申立を行ったところ、保険の返戻金が110万円、自家用車が70万円とされ、清算価値が180万円としてカウントされました。

財産がなければ5分の1の100万円まで減額できたのですが、清算価値のほうが最低弁済額よりも大きかったので、180万円までの減額となりました。

相談から手続き完了までの期間は8ヵ月で、50,000円を36回(3年間)の分割で返済する計画となりました。

  • 利息:0%(免除)
  • 返済回数:36回(3年)
  • 月返済額:50,000円

借金額:500万円 ⇒ 180万円
月々の返済額:10万円 ⇒ 5万円

個人再生と自己破産の違い

500万円の借金はおまとめローンと個人再生どちらが良いのか

おまとめローンとは、クレジットカードや消費者金融など数社から借りている金額を、ひとつの会社にまとめて支払いやすくするローンのことであり、借金の解決方法を模索している人であれば、1度は目にしたことはあることでしょう。

おまとめローンは一般的に、通常の借り入れよりかなり安い利息となっています。

一つの例として、利息4.5%で、80回(6年8ヶ月)で返済するケースで計算するので、確認してみましょう。

  • 借金元金:500万円
  • 年利:4.5%
  • 返済回数:80回(6年8ヶ月)
  • 月返済額:72,459円
  • 利息合計:796,720円
  • 総返済額:5,796,720円

現実味のある数字となっていますが、問題はこの条件で借り換えできるかどうかです。

500万円もの借金がある現状から見ると、それなりに信用力(継続した収入)を持っていなければいけないため、非常に審査が厳しいものとなります。

おまとめローンは、借金を一社にまとめるということですが、その分1社から借り入れる額が多くなるため、審査に通過しにくいということが一番のネックになります。

現状の返済に少し余裕があるという方であれば、審査は通りやすいため、おまとめローンを利用した方がよいかもしれません。

しかし、500万円の借金返済に苦しんでいる状況(月々、10~15万程度の返済が苦しい)という人は、まず審査に通らないと言えますので、そもそもおまとめローンが検討の土台に乗ることは少ないでしょう。

また、おまとめローンは、あくまでも借金であることには変わりは無いため、元本にプラスしてしっかりと利息が発生します。

たしかに、おまとめローンであれば、ブラックリストに載ることは無いため、今後の自由度(クレジットカードの使用や新たな借り入れ)は大きいですが、借金地獄から抜け出すスピードは、明らかに劣ります。

個人再生であれば、利息はゼロですし、元金そのものも大幅に減額できるため、500万円もの借金を完済に向かうのであれば、おまとめローンよりも個人再生の方が早いことは確実でしょう。

つまり、借金500万円の現状の返済状況に余裕がある人は、おまとめローン、借金500万円の現状の返済状況が苦しい・既に滞納している人は、個人再生という選択が望ましいでしょう。

個人再生の概要について詳しくはこちら
おまとめローンと個人再生はどちらがお得?違いは?
家族に秘密で個人再生できる?バレずにできる場合も・・・

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

平均的な会社員にとっては、借金500万円は、完済することは難しいと想定できます。

人によっては、現状の返済額をそのまま払い続けられる方もいれば、任意整理を実行したり、個人再生や、場合によっては自己破産を選ばざるをえない方もいることでしょう。

どの債務整理、おまとめローンを選択する目安は、あなたの返済能力に依存するということであり、月々の返済額が8万5千円が厳しいようであれば、個人再生がおすすめです。

個人再生相談室のTOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら