900万円の借金は個人再生で大幅減額してから解決

900万円の個人再生

「900万円の借金は個人再生するといくらになる?」
「個人再生で900万円の借金はどれだけ減るのか?」

消費者金融からキャッシングをした際には、銀行などから借りた場合よりも高い利息が付くのが一般的です。

そのため、キャッシングを繰り返すうちに、どんどん利息が増え、結果として借金が高額になるケースがよくあります。

たとえば、借金が900万円になってしまった場合、あなたならどうしますか?

恐らく、多くの人が路頭に迷ってしまうことでしょう。そこで、おすすめしたいのが個人再生です。

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を大幅に減額してもらえ、残った借金を3年間で返済できれば完済扱いにしてもらえる手続きとなります。

ちなみに、900万円の借金は、最大で180万円まで減額してもらえる可能性があるんです!

そこで今回は、借金問題を解決したい人に向け、900万円の借金を個人再生するとどうなるのか詳しく解説するとともに、他の借金整理方法とも比べてみたいと思います。

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

900万円の借金と日本の平均年収を比較

最初に、900万円という借金は、どの程度のインパクトを持つ借金なのか説明しておきます。

日本の平均年収

平成29年度の日本の平均年収は、次の通りです。

・平均:432万円

詳細な内訳としては、

・男性:531万円
・女性:287万円

・正規雇用者:493万円、
・非正規雇用者:175万円

となっており、かなり差があることが分かると思います。

また、平均年収の人が支払う税金は、

・住民税:20万円
・所得税:9.64万円

なので、手取り給料は約342万円です。

さらに、ここから家賃、食費、光熱費といった生活費という支出が加わります。

たとえば、

・家賃:8万円/月
・光熱費:2万円/月
・食費:6万円/月
・保険料:3万円/月
・交際費など:5万円/月

という人の場合、自由に使えるお金は、

342万円- 12カ月×(8万円+2万円+6万円+3万円+5万円)=54万円

ということで、毎月4.5万円程度になるわけです。

言い換えれば、平均年収の人には、年間で最大54万円しか借金を返済できないともいえるでしょう。

900万円をそのまま返済した場合

たとえば、以下のような複数のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から借りた900万円の借金を、3年(36ヶ月)で返済しようとすると、

・レイク(約340万円・月々122,918円の返済・利息:1,025,053円)
・三井住友銀行(約400万円・月々144,610円の返済・利息:1,205,945円)
・楽天カード(約160万円・月々57,844円の返済・利息:482,378円)

つまり、

・返済回数:36 回
・毎月の返済額:325,372円
・返済総額 :11,713,376円
・利息:2,713,376円

という試算結果になります。

よって、毎月約32.5万円を返済していく必要があることもキツイのですが、合計で270万円以上の利息を支払う必要があるのです。

平均年収の人には、到底返済できない金額といえるでしょう。

5年返済にするとどうなるか?

次に、3年で返済するのは厳しいため、5年返済(60ヶ月)でも試算してみましょう。

その結果、

・レイク(約340万円・月々86,338円の返済・利息:1,780,259円)
・三井住友銀行(約400万円・月々101,574円の返済・利息:2,094,423円)
・楽天カード(約160万円・月々40,629円の返済・利息:837,769円)

・返済回数:60 回
・毎月の返済額:228,541円
・返済総額 :13,712,451円
・利息:4,712,451円

となり、毎月の返済は「約32.5万円⇒約22.9万円」と9万円程度減ります。

しかし、利息が約470万円になり、返済総額も約1,370万円です。

つまり、最終的に支払う利息が、平均年収である432万円を上回ることになります。

900万円の借金をおまとめローンに

次に、900万円の借金をおまとめローンにした場合を、検証してみましょう。

おまとめローンとは

「おまとめローン」とは、複数のカード会社から借りた借金を一つのローンにまとめられるというサービスです。

おまとめローンの金利は、消費者金融のものと比べてかなり安くなっているため、借金を1つにまとめることで、利息が大幅に減り、返済の負担を減らせるというメリットがあります。

900万円の借金をおまとめローンした結果

900万円の借金を、おまとめローンにして3年間で返済した場合、

・返済回数:36 回
・毎月の返済額:267,722円
・返済総額 :9,638,004円
・利息:638,004円
(金利:実質年率4.5% )

という結果になります。

よって、先程の返済例と比較すると

・毎月の返済額:325,372円⇒267,722円
・返済総額 :11,713,376円⇒9,638,004円
・利息: 2,713,376円⇒638,004円

ということで、利息が2,075,372円も軽減されるのです。

ただし、毎月約27万円を3年間返済し続ける必要があります。

したがって、一般年収の人には、現実的に返済できる金額とはいえません。また、ローンの審査に通過するのも、非常に困難と思われます。

おまとめローンと個人再生はどちらがお得?違いは?

任意整理なら900万円の借金を解決できるのか?

ここからは、任意整理で借金を整理する方法を説明します。

任意整理のメリット

まず、任意整理とは、カード会社に任意の交渉に応じてもらい、将来的に発生する利息をカットして、3年~5年程度の分割払いにしてもらえるよう和解を求める債務整理(借金を法的に解決する手続き)の一種です。

これにより、借金返済の負担が大きく軽減されるという効果が見込めます。

さらに、任意整理では、整理する借金の対象を自由に選択することが可能です。

たとえば、自動車ローン返済中の車を手元に残したい場合には、自動車ローンを外して任意整理すれば、車を手元に残すことができます。

また、保証人付きの借金を債務整理すると、連帯保証人に多大な迷惑をかけることになってしまうのですが、それを外して任意整理することもできるため、トラブルを回避することができるのです。

個人再生しても車を残しておくための6つの方法

900万円の借金を任意整理した結果

900万円の借金を、任意整理して3年で返済しようすると、

・返済回数:36 回
・毎月の返済額:250,000円
・返済総額 :9,000,000円
・利息:0円

という結果になります。

おまとめローンと比較してみると、

・毎月の返済額:267,722円⇒ 250,000円
・返済総額:9,638,004円⇒9,000,000円
・利息:638,004円⇒0円

となるため、利息が約64万円も下がりますが、毎月の返済額は25万円とまだまだ高額です。

なお、カード会社と返済期間を5年間で合意できた場合には、

・返済回数:60回
・毎月の返済額:150,000円
・返済総額 :9,000,000円
・利息:0円

と、毎月の返済金額を15万円まで下げられます。

しかし、平均年収の人にとっては、依然厳しい状況といえるでしょう。

個人再生と任意整理どちらが賢い選択?違いは何?

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

900万円の借金は個人再生で大幅に減額できる

では、いよいよ900万円の借金を、個人再生するとどうなるのか解説します。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらえ、残りを原則3年間(最大5年間)で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理の一種です。

ただし、個人再生の対象にできる借金は、個人で5,000万円以下(住宅ローンは除く)の借金のみとなります。

さらに、個人再生には「住宅ローン特則」と呼ばれる、住宅ローンが残った自宅を手元に残しながら借金を減額してもらえという制度もあります。

個人再生の効果

また、個人再生には、以下2つの手続きがあります。

・小規模個人再生:個人再生するほとんどの人が行う手続き。裁判所に認可してもらうためには、カード会社過半数の同意が必要
給与所得者等再生:サラリーマンなど給与収入者を対象にした手続き。カード会社の同意は必要ない

900万円の借金を個人再生した結果

小規模個人再生で手続きをした場合には、

・最低弁済額
清算価値

のいずれか多い方を支払う必要があります。

最低弁済額とは、個人再生における最大の借金減額率です。

借金額の大きさよって、次のように減額率が決まっています。

最低弁済基準額

したがって、900万円の借金を個人再生すると、

・返済回数:36回
・毎月の返済額:50,000円
・返済総額 :1,800,000円
・利息:0円

という結果になり、900万円の借金を個人再生すると最大で1/5の180万円まで減額してもらえることになります。

ただし、最低弁済額は、あくまでも“最大”の減額率ですので、以下で説明する「清算価値」と「2年分の可処分所得額」の金額によっては、減額率が下がる可能性もあるのです。

清算価値が最低弁済額に与える影響

個人再生すると借金を大幅に減額してもらえるのですが、その代わりに、あなたが持つ財産と同等以上の金額を最低限支払う必要があります。

このルールを「清算価値保証の原則」と呼びます。

なお、清算価値とは、あなたが自己破産した際、財産を処分してカード会社に分配したものと同じ金額のことです。

したがって、清算価値が最低弁済額を超える場合には、最低弁済額が引き上げられることになるのですが、これを「計画弁済額」と呼びます。

たとえば、900万円の借金を個人再生しようとする人が、市場価格250万円の車を保持していた場合、小規模個人再生すると、

最低弁済額:180万円 < 清算価値:250万円

となりますので、

・計画弁済額:2,500,000円
・返済回数:36回
・毎月の返済額:69,444円

という結果になるのです。

したがって、最低弁済額以下の清算価値しか持っていない人に比べて、

・個人再生後の借金総額:1,800,000円⇒2,500,000円
・毎月の返済額:50,000円⇒69,444円

と、個人再生後に支払う金額が上がることになります。

給与所得者等再生では可処分所得額も影響

次に、給与所得者等再生で手続きを行った場合には、

・最低弁済額
・清算価値
・2年分の可処分所得額

のうち最も多い金額を支払う必要があります。

なお、可処分所得額とは、毎月の給料から税金や家賃、保険代、光熱費、食費、生活費などを差し引いた金額のことです。

たとえば、月収400,000円の人が、

・税金:50,000円/月
・家賃:80,000円/月
・光熱費:30,000円/月
・食費:50,000円/月
・その他:40,000円/月

という生活をしている場合、可処分所得額は、

450,000万円-(50,000円+80,000円+30,000円+50,000円+40000円)=150,000/月

よって、2年分の可処分所得額は、

150,000円 ×24ヶ月 =3,600,000円です。

したがって、

・借金:9,000,000円
・清算価値:2,500,000円
・2年分の可処分所得額:3,600,000円

という人が給与所得者再生すると、2年分の可処分所得額が最も多くなりますので、次のような結果となります。

・計画弁済額:3,600,000円
・返済回数:36回
・毎月の返済額:100,000円

よって、個人再生後に返済する借金が、最低弁済額よりも200万円増えることになるのです。

このように、年収が多い人が給与所得者等再生すると、個人再生後の借金減額率が低くなる可能性があるという点を覚えておきましょう。

個人再生のデメリット

借金を大幅に減額してもらえる個人再生ですが、デメリットもあります。

ブラックリストに載る
・全ての借金が整理対象になる
官報に載る

まず、個人再生すると、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間、カード会社から新たな借入ができなくなります。

これが、俗に言う「ブラックリストに載った」と呼ばれる状態です。

ブラックリストに載ると、

・カードの新規発行、利用ができなくなる
・ローンが組めなくなる
・リボ払い、分割払いができなくなる
・キャッシングができなくなる
・借金や奨学金の保証人になれなくなる

といったデメリットが生じます。

なお、「信用情報機関」とは、カード会社と顧客の適正取引のために活動する機関で、カード会社と顧客の取引記録や、債務整理の事実などを記録した「信用情報」の収集、管理を行っています。

次に、個人再生には、「債権者平等の原則」と呼ばれるルールがあるため、原則として全てのカード会社を平等に扱う必要があります。

そのため、特定カード会社の借金だけを優先して返済する「偏頗弁済(へんぱべんさい)」や、借金の整理対象を自由に選ぶことはできないため、原則として全ての借金が整理対象になるのです。

よって、自動車ローン返済中の車を個人再生の整理対象から除外することで、手元に残すといったことはできません。

また、個人再生は裁判所を介する手続きとなっているため、官報(政府が発行する新聞のようなもの)に名前や住所、個人再生したことなどが掲載されてしまいます。

しかし、一般の人が官報を見る機会はほとんどありませんので、個人再生したことが知人や友人にバレる可能性は非常に低いでしょう。

個人再生の概要について詳しくはこちら
個人再生のデメリットは8つだけ押さえておけば大丈夫!!
ブラックリストについて詳しくはこちら

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

900万円の借金を個人再生した事例

最後に、900万円の借金を個人再生した例を、いくつか紹介したいと思います。

Aさん(小規模個人再生):借金額900万円・清算価値:100万円

3社からの借金が積もりに積もって、毎月の返済額が30万円を超えるAさんは、借金地獄からの脱出を図るため、個人再生することにしました。

なお、Aさんの財産総額は、100万円程度です。

小規模個人再生した結果、

・返済回数:36回
・返済総額 :9,000,000円⇒1,800,000万円
・毎月の返済額:325,372円⇒50,000円

となり、大幅に借金を減らすことに成功しました。

Aさんの清算価値は最低弁済額以下だったため、借金が最大限まで減額された形となり900万円あった借金は1/5の180万円まで減り、毎月の返済額が1/6以下になったのです。

Bさん(小規模個人再生):借金額900万円・清算価値0円・住宅ローン12万円

Bさんは、毎月の住宅ローン返済が12万円、借金が30万円以上という絶望的な状況に陥っていたため、個人再生することになりました。

また、Bさんは、自宅を何としても手元に残したいということで、住宅ローン特則が利用できる個人再生で、債務整理することに決めたそうです。

小規模個人再生を行った結果、Bさんの借金は、

・返済回数:36回
・返済総額 :9,000,000円⇒1,800,000万円
・毎月の返済額:445,372円⇒50,000円(借金)+120,000円(住宅ローン)=170,000円

となりました。

こうしてBさんは、借金の大幅に減額しつつ、自宅を手元に残すことに成功したのです。

Cさん(給与所得者等再生):借金額900万円・清算価値:0円・可処分所得額14万円/月

比較的年収が高めのCさんは、可処分所得額が14万円/月ありました。

そのため、一度は小規模個人再生で手続きを行ったのですが、カード会社の過半数から「もっと返済して欲しい」と異議があり、個人再生することができませんでした。

そこで、カード会社の同意が必要ない給与所得者等再生で、再度個人再生にチャレンジすることにしたのです。

Cさんの2年分の可処分所得額は、

140,000円/月 ×24ヶ月 =3,360,000円

です。

その上で、Cさんが給与所得者等再生を行った結果、

・計画弁済額: 3,360,000円
・返済回数:36回
・月返済額:約93,333円

となり、900万円の借金を半分以下まで減額することに成功しました。

しかし、Cさんのように可処分所得額が多い人が個人再生すると、借金の減額率が低くなる可能性があるのです。

個人再生の費用相場はいくら?裁判費用と弁護士費用の2種類存在
個人再生は結婚に影響するのか?結婚前後の視点から解説

個人再生の無料相談はこちら

0120-236-040
0120-236-040

まとめ

  • 900万円の借金を3年間で返済しようとした場合には、合計で2,713,376円の利息を支払う必要がある
  • 900万円の借金を5年返済にした場合には、合計で4,712,451円の利息を支払う必要があるため、3年返済と比べると負担がかなり増える
  • 900万円の借金を個人再生すると、最低弁済額は180万円になるため、毎月50,000円を36回(3年間)で返済できれば借金を完済扱いとなる
  • 900万円の借金をおまとめローンにして3年間で返済しようとした場合には、利息は638,004円まで下がるが、毎月267,722円返済する必要がある
  • 900万円の借金を任意整理すると、利息はカットされるが、毎月250,000円を3年間返済し続ける必要がある
  • 180万円以上の財産を持っている人が900万円の借金を個人再生しても、計画弁済額は180万円以上になるため減額率は減る
  • 住宅ローン特則を使えば、借金を減額してもらいつつマイホームを残すことができる

個人再生相談室TOPへ

個人再生相談室では
無料相談実施中!!

個人再生の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メール場合は24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-236-040

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
運営 弁護士法人心
東京(東京駅・池袋駅)、千葉(柏駅)、愛知(名古屋駅2ヶ所・荒子川公園駅・豊田市駅)、三重(津駅・松坂駅)、岐阜(岐阜駅)の10か所で相談可
運営事務所の詳細はこちら